@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

植物検疫【しょくぶつけんえき】

世界大百科事典 第2版

しょくぶつけんえき【植物検疫 plant quarantine】
植物に寄生する病菌害虫付着・混入して他地方から侵入するのを防ぐための制度。北アメリカからヨーロッパに侵入したタバコべと,第2次大戦後日本に侵入したジャガイモ輪腐(わぐされ)病,雑食性害虫アメリカシロヒトリなどは,いずれも未発生の新天地で病害虫が猛威を振るった例である。一般に病害虫は処女地では急速にまんえんし,作物に大きな被害を与える。これは新天地には病害虫に対しての拮抗菌,競争種や天敵がいないために,害菌,害虫の独走態勢を許すからだと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

植物検疫
しょくぶつけんえき
輸入・移動される植物を検査して病害虫の有無を調べ、危険性のある植物の移動を禁止することをいう。諸外国、他の地域との貿易や交通が盛んになるにつれ、これまで発生をみなかった新しい病原菌や害虫が、外国や他の地域から輸入・移動される農産物、とくに植物の茎葉、果実、種子、球根などに付着して侵入、定着して農作物に重大な被害を与えることが多くなる。第二次世界大戦直後にアメリカシロヒトリ、ジャガイモ輪腐(わぐされ)病が、また最近ではイネミズゾウムシなどが日本に侵入して大きな被害を与え問題になったのはその例である。植物検疫はこのような病害虫の侵入を未然に防止することを目的として行われる。
 日本では1950年(昭和25)に制定された植物防疫法に基づいて行われており、農林水産省植物防疫所が横浜、名古屋、神戸、門司(もじ)、那覇に設置され、この業務を担当している。植物検疫には国際検疫と国内検疫があり、前者の比重が大きい。
 国際検疫には輸入検疫と輸出検疫がある。輸入検疫は、国際植物防疫条約の趣旨に沿って、自国への病害虫の侵入を防止するため、植物などの輸入に関し制限、禁止、検査、廃棄を行うもので、輸出検疫は、他国の要請により、輸出する植物について病害虫の有無を検査し証明するものである。輸入検疫では、チチュウカイミバエ、コドリンガ、ジャガイモがんしゅ病その他大害を与えるおそれのある病害虫の宿主となる汚染地域からのウリ類、ミカン類、リンゴその他の生果実、ジャガイモの生いもなどは輸入できない。また、病原菌、害虫、土、イネ、稲藁(わら)も輸入を禁止されており、試験研究に供するものに限り農林水産大臣の許可を得て輸入できる。これに対し、木工品、繊維製品、製茶、加工食品などは無検査で輸入できる。禁止品と無検査品を除いた植物、すなわち種子、苗、花、穀類、豆類、果実、野菜などは、空港など定められた場所で植物検疫官の検査を受け、病害虫のないもの、または消毒したものは輸入を許可される。輸出検査は、チューリップ、ユリなどの球根類、ミカン類などの果実の輸出に際し病害虫のないことを証明するための検査で、種類によっては栽培地で生育中に検査を必要とすることもある。
 国内検疫は、国内に侵入した病害虫、国内の一部に発生する病害虫の蔓延(まんえん)防止、および優良な種苗の確保を目的としたもので、ジャガイモなど指定種苗の検査、果樹母本の検査のほか、沖縄・小笠原(おがさわら)に発生するミバエ類など重要な害虫の蔓延を防止するため、加害する植物の移動を禁止または制限している。[梶原敏宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植物検疫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植物検疫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation