@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

植皮【しょくひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

植皮
しょくひ
skin grafting; skin transplantation
やけどのあととか,皮膚悪性腫瘍で広範囲に膚切除をした創面などに健常な皮膚を移植する方法。異種同種自家移植の3型があるが,前2者は拒絶反応のため生着せず,生体包帯的な意味で用いられている。自家移植には次の2つがある。 (1) 遊離植皮術 移植片を離断して血行を一時的に完全に途絶する植皮術。乳頭層までを含めた表皮組織を移植する表皮植皮術 (チールシュ法) ,表皮および真皮全層を移植する全層植皮術 (クラウゼ法) ,中間層植皮術などがある。 (2) 有茎植皮術 移植片の一部を離断せず茎部で血行を確保して行う植皮術。茎部が1つのものと2つのもの,有茎皮弁を筒状につくるもの (筒状植皮術) と皮弁をそのまま用いるものとがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょく‐ひ【植皮】
[名](スル)けが・やけどなどで欠損・変形した部分の皮膚に、健康な皮膚を移植すること。「やけどの跡に植皮する」「植皮術」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょく‐ひ【植皮】
〘名〙 患者自身、または他人の健康な皮膚から切り取った皮膚片を、火傷、外傷などで皮膚の欠損した部分に移植して再生させること。皮膚移植。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植皮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation