@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

椎茸【シイタケ】

デジタル大辞泉

しい‐たけ〔しひ‐〕【×茸/×蕈】
キシメジ科のキノコ。春・秋に、クヌギシイクリナラなどの広葉樹の枯れ木や切り株に生える。傘は黒褐色か茶褐色。代表的な食用キノコで、人工栽培もされる。 秋》「―に時雨(しぐ)れぬ日とてなかりけり/たかし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

椎茸 (シイタケ)
学名:Lentinula edodes
植物。キシメジ科の食用,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しい‐たけ しひ‥【椎茸】
〘名〙
① 担子菌類シメジ科のキノコ。各地のナラ、クリ、シイ、カシ、クヌギなどの枯れ木に春と秋の二回生じる。また、重要な食用キノコとして江戸初期から栽培される。かさは径五~一五センチメートル、外面は淡褐色または茶褐色で亀甲状に裂けることもある。下面には白いひだがある。柄は白色で細く短く多少湾曲する。肉は白色で乾燥すれば高い香りを生ずる。《季・秋》
※東寺百合文書‐を・応永二六年(1419)七月二日・食器食物等料足注文「百五十文 ふ、又三十文 同 しいたけ分」
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「椎茸が嘸(さぞ)と屋敷を俗に誉め」
[語誌](1)「料理物語‐二〇」(一六四三)に干した椎茸の戻し方があり、江戸初期には干して保存することも行なわれていた。現在のような種菌を原木に接種する方法は昭和一〇年(一九三五)に考案された。
(2)春秋二季に生ずるが、「俳諧・誹諧初学抄‐中秋」以下の季寄せ類に秋の季語とするのは、他のキノコに合わせてのことである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椎茸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

椎茸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation