@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

椛の湖遺跡【はなのこいせき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

椛の湖遺跡
はなのこいせき
岐阜県中津川(なかつがわ)市上野にある、縄文時代草創期の遺跡。1957年(昭和32)に原寛(はらひろし)、紅村弘(こうむらひろし)によって発掘された。20~30センチメートルの遺物包含層は上下2層に分かれる。下層からは爪形文(つめがたもん)土器と直刃削器(ちょくじんさっき)、円刃掻器(えんじんそうき)、打製石鏃(せきぞく)、小型円形掻器や曽根(そね)型石核(せっかく)などが出土している。上層からは表裏に縄文の施文された丸底の深鉢形土器とともに、各種削器と掻器、打製石鏃、局部磨製石鏃、小形磨製石斧(せきふ)や矢柄(やがら)研磨器などが出土している。下層・上層の文化は、それぞれ椛の湖、同と命名されている。[渡辺 誠]
『原寛・紅村弘著『岐阜県恵那郡坂下町椛の湖遺跡調査報告書』(1974・坂下町教育委員会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椛の湖遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

椛の湖遺跡の関連情報

他サービスで検索

「椛の湖遺跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation