@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

検潮所【ケンチョウジョ】

デジタル大辞泉

けんちょう‐じょ〔ケンテウ‐〕【検潮所/験潮所】
潮汐などによる海面昇降観測・記録する施設。多く、海岸付近に井戸を掘って海水を引き入れ、その水位検潮儀で記録する方式をとる。験潮場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

検潮所
けんちょうじょ
tidal station

潮汐(ちょうせき)などによる海面の昇降を観測する施設。観測機関によっては験潮所、験潮場、量水標などともいう。通常は、海岸付近に検潮小屋を建て、その中に井戸を掘り、深部に導水管を取り付けて外海と通じる。井戸内の水位が外海の潮位変化につれて変動するので、その高さを検潮儀で連続的に観測する。立地条件によっては、海中に建てる場合や、井戸を必要としない方式を採用することがある。過去には、現地で潮位を適当に縮尺して、記録紙上に自動記録していたが、現在では、データ変換・伝送機器を取り付けて、遠隔地で記録する方式が多く使われている。

 潮汐を観測する測器を検潮儀(検潮器、験潮儀)tide guageといい、浮き式(フロート式)、超音波式、水圧式などがある。広く使用されている浮き式検潮儀は、細いワイヤーで吊った浮きを海面に下ろし、浮かべた浮きの上下動をワイヤーの長さ変化で測定する。超音波式では、海面上にのばしたアームまたは海底に固定したセンサー部から超音波パルスを発射し、海面で反射して戻ってくるまでの所要時間から、海面の高さを測定する。水圧式検潮儀は、水圧センサーを海底に固定し、潮位の変化による水圧変動を陸上で記録する。

[岡田正実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けんちょう‐じょ ケンテウ‥【検潮所】
〘名〙 自記検潮儀を据付け、潮位の変化を測定する所。通常は、海岸付近に井戸を掘って海水を導入し、その水位によって測定する。検潮場。量水標。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検潮所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

検潮所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation