@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

検非違使庁【ケビイシチョウ】

デジタル大辞泉

けびいし‐ちょう〔ケビヰシチヤウ〕【検非違使庁】
検非違使執務を行う役所衛門府(えもんふ)内に置かれた。使(し)の靫負(ゆげい)の庁。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けびいしちょう【検非違使庁】
検非違使の事務を扱う官署のことで,略して使庁とも称す。その成立についていくつかのがあるが,正確なところは不明である。おそらく弘仁年中(810‐824)に検非違使が創置されて以来漸次整備がすすみ,別当が置かれるようになった834年(承和1)のころ完成したとみるべきであろう。最初左右衛門府内に置かれていたが,864年(貞観6)に市司いちのつかさ)で使庁の行事を行うこととし,次いで895年(寛平7)に左右衛門府内に左右の使庁を定め,947年(天暦1)に至り左右使庁を統合しもっぱら左庁のみで事を行うことにしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けびいしちょう【検非違使庁】
検非違使の役所。初め左右二庁があったが、のちに左庁だけになり、左衛門府内に置かれた。使の庁。靫負ゆげいの庁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検非違使庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

検非違使庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation