@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

検非違使【けびいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

検非違使
けびいし
平安時代,嵯峨天皇のとき創設された令外官の一つ。弘仁1 (810) 年の平城上皇の変 (→薬子の変 ) 以後,治安維持の必要から左・右衛門府内に設けられた。おもに内外の巡検と盗賊無法者の追捕にあたり,天長1 (824) 年に独立の機関として編成,左・右検非違使庁が設置され,承和1 (834) 年には文室秋津が別当に任命されて両庁が統一された。同6年,弾正台職能吸収し,京内外に対する警察権を完全に掌握し,さらに訴訟裁判にまで職掌が拡大され,威勢はすこぶる強大であった。斉衡2 (855) 年頃には大和国には検非違使が存在しており,次第に諸国にもおかれた。武士勃興により勢力は衰えていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けびい‐し〔ケビヰ‐〕【検非違使】
平安初期に設置された令外(りょうげ)の官の一。初め京都の犯罪・風俗の取り締まりなど警察業務を担当。のち訴訟・裁判をも扱い、強大な権力を持った。平安後期には諸国にも置かれたが、武士が勢力を持つようになって衰退した。けんいし
諸国に置かれた検非違使の事務を扱う所。検非違使所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けんび‐し【検非違使】
《「けびいし」の音変化。浄瑠璃用明天王職人鑑」の検非違使勝舟に用いられてからの名称文楽人形(かしら)の一。30歳前後の目秀麗な男性を表し、主役級の役に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けんびい‐し〔ケンビヰ‐〕【検非違使】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けびいし【検非違使】
京都の警察・裁判を管掌した令外官(りようげのかん)。略して使とも。弘仁年間(810‐824)の中ごろ創置されたと推測されており,その初見は816年(弘仁7)に左衛門大尉となり検非違使の事を兼行したとみえる興世書主である。左右衛門府職員が〈使の宣旨〉により兼任するのが原則で,弘仁左右衛門府式では定員を左右それぞれにつき人1,府生1,火長5と定め,貞観延喜式では左右それぞれ佐1,尉1,志1,府生1,火長(かちよう)9に増員し,834年(承和1)には別当が置かれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

検非違使
けびいし

平安時代初期以降主として京中の非違(ひい)を検察するため設けられた令外官(りょうげのかん)。左右に分かれ、その役所を検非違使庁、略して使庁という。使庁は衛門府(えもんふ)に置かれ、使官人も原則として衛門府官人が兼帯した。最初は職員の数も少なかったが、のちには増員され、延喜(えんぎ)衛門府式では左右それぞれにつき佐(すけ)1、尉(じょう)1、志(さかん)1、府生(ふしょう)1、火長(かちょう)9を置くことになっており、さらにこれらの職員の上に使別当(べっとう)が置かれた。使別当には衛門督(かみ)が就任するのが原則で、多く参議ないし中納言(ちゅうなごん)が兼任し、別当宣(せん)は奉勅宣に匹敵するといわれるほどの権威を有していた。検非違使の武力としては、火長身分である看督長(かどのおさ)が京都市中を巡邏(じゅんら)し日常的な警察業務に従っていたが、尉クラスの官人が多数の従者、郎等(ろうとう)を率い、武士団のごとき編成をもって事にあたることがあった。

 検非違使は京ないし近京の地を管轄するだけでなく、宣旨を得て遠国に出動することがあり、1028年(長元1)平忠常(ただつね)の乱のときも最初検非違使が鎮圧のために差遣された。検非違使は犯人追捕にあたるとともに裁判や科刑のことも行い、さらに民事的訴訟も受理し、市(いち)の管理や道路、河川の修復ないし賑給(しんごう)などの京都市内の民政にも関与し、運上物の検封や租税未進の勘徴ないし検田のような租税収取関係の任務につくこともあった。中央に置かれた検非違使が有効であったことから、地方においても国ないし郡単位で置かれ、神社に置かれることもあり、治安維持にあたった。武士の台頭により勢力は衰え、鎌倉時代以降は実質を失っていった。

[森田 悌]

『井上満郎著『平安時代軍事制度の研究』(1980・吉川弘文館)』『谷森饒男著『検非違使を中心としたる平安時代の警察状態』(1980・柏書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいびい‐し ケイビヰ‥【検非違使】
〘名〙 (「けんびいし(検非違使)」の変化した語) =けびいし(検非違使)日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けんびい‐し ケンビヰ‥【検非違使】
〘名〙
① (「けんぴいし」とも) =けびいし(検非違使)色葉字類抄(1177‐81)〕
※楽屋図会拾遺(1802)下「検非違使(ケンヒイシ) いづれ実方の頭なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けんび‐し【検非違使】
〘名〙 (「けびいし(検非違使)」の変化した語で、「用明天皇職人鑑」の検非違使勝舟から出た名称) 文楽人形の頭(かしら)の一種。三〇歳前後の男性をあらわし、眉や鬘の種類により、広い範囲の主役的な役柄に用いる。「菅原伝授手習鑑」の梅王丸、武部源蔵など。けんびいし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

検非違使
けびいし
平安初期に設置された令外官 (りようげのかん) の一つ
嵯峨天皇のとき,主として京の治安維持のために置かれた。衛門府の中に置かれ,犯人逮捕を仕事としたが,検非違使庁が設けられるにしたがい,刑部省・弾正台・京職などの仕事を吸収。訴訟・裁判も扱うようになって権威は強大であった。諸国にも置かれたが,武士の勃興によってしだいに形骸化した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検非違使」の用語解説はコトバンクが提供しています。

検非違使の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation