@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楊堅【ヨウケン】

デジタル大辞泉

よう‐けん〔ヤウ‐〕【楊堅】
[541~604]中国、の初代皇帝。在位581~604。諡(おくりな)は文帝廟号(びょうごう)は高祖。北周の静帝の禅譲をうけて帝位につき、突厥(とっけつ)を滅ぼして天下を統一。官制・兵制・均田制を施行中央集権体制の基礎を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようけん【楊堅】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

楊堅
ようけん
(541―604)

中国、隋(ずい)の初代皇帝(在位581~604)。帝号は文帝。廟号(びょうごう)は高祖。後漢(ごかん)の学者・政治家である楊震(ようしん)の子孫で、弘農華陰(こうのうかいん)(陝西(せんせい)省華陰県)の人と称しているが、おそらくは漢人ではなく鮮卑(せんぴ)族であろう。父の楊忠は西魏(せいぎ)の十二大将軍の一人で、楊堅は西魏を継いだ北周において、父の功により栄進した。楊堅の長女が北周の宣帝の皇后となり、外戚(がいせき)として北周の政治の実権を握り、宣帝の子の静帝の譲りを受けて、隋朝を開いた。首都を長安(西安)に定め、大興城といった。文帝の定めた開皇律(かいこうりつ)、官制、均田制、兵制などは、次の唐代の律令(りつりょう)制の基礎となった。その政治は節約を重んじ、分裂していた南北朝を統一(589)して、治績をあげた。対外的には突厥(とっけつ)、高句麗(こうくり)を討った。性質は疑い深く、皇太子の勇を廃して、次子の広(こう)(煬帝(ようだい))をたてたが、最後は広に殺されたといわれる。

[布目潮渢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐けん ヤウ‥【楊堅】
中国隋の初代皇帝文帝の名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

楊堅
ようけん
541〜604
隋の初代皇帝,文帝(在位581〜604)
父の (ちゆう) は北創業の功臣で,娘は宣帝の皇后外戚として実権をもち,自分の孫の静帝 (せいてい) の禅譲 (ぜんじよう) を受けて即位突厥 (とつけつ) を討ち,589年南朝の陳を滅ぼし,中国の再統一を果たした。科挙制創設,均田制・府兵制の拡充・整備などで中央集権の強化につとめ,隋・の基礎を築いた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楊堅
ようけん
文帝[隋]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楊堅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楊堅の関連情報

関連キーワード

解除隋の時代(年表)文帝文帝[隋]文帝(隋)サビニアヌス履行遅滞グレゴリウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation