@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楊士奇【ようしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楊士奇
ようしき
Yang Shi-qi; Yang Shih-ch`i
[生]至正25(1365)
[没]正統9(1444)
中国,明の政治家。泰和 (江西省) の人。名は寓。字は士奇,僑仲。号は東里先生。諡は文貞。建文1 (1399) 年翰林院に入り,『太祖実録』の編集に従事し,永楽帝即位とともに内閣の制が設けられると,入閣して政務参画,また東宮監国として皇太子補導に任じた。その後,永楽,洪煕,宣徳,正統の4朝に歴任し,その間,左春坊大学士,礼部左侍郎兼華蓋殿大学士,兵部尚書などを経て少師に進んだ。楊栄楊溥 (ようふ) とともに三楊と称され,内閣の権を確立した。『歴代名臣奏議』『三朝聖諭録』 (3巻) ,『文淵閣書目』 (20巻) などの編著がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようしき【楊士奇 Yáng Shì qí】
1365‐1444
中国,明前期の政治家,学者。名は寓,字は士奇,号は東里。泰和(江西省)の人。建文帝のとき翰林院に入り,永楽帝が即位して宮中に内閣の制を設けると選ばれて入閣し,政治の機務に参画した。以後,永楽,洪熙,宣徳,正統の4朝に歴仕し,内閣に在ること43年,洪熙帝,宣徳帝善政は楊士奇に負うところが大である。正統帝が9歳で即位し,太皇太后が摂政となると,同じく閣臣であった楊栄,楊溥(ようふ)とともにこれを補佐して〈三楊〉とうたわれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

楊士奇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楊士奇の関連情報

関連キーワード

日系ブラジル人労働者ウィーン大学神室山真実物語ウィーンウィーン大学ウガリト図絵宝鑑妙興寺油小路隆信

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation