@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楊載【ようさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楊載
ようさい
Yang Zai
[生]咸淳7(1271)
[没]至治3(1323)
中国,元の文学者。杭州 (浙江省臨安県) の人。字,仲弘。母に孝養を尽し,中年まで仕官を志さなかったが,戸部尚書賈国英に推薦されて翰林院編修官となり,『武宗実録』を編集。延祐2 (1315) 年進士に及第,承務郎から寧国路総管府推官にまで進んだ。詩文に名が高く,特に詩では虞集范ほう (はんほう) ,掲けい斯 (けいけいし) とともに「元詩の四大家」に数えられる。宋詩に反対し,唐詩を典型とすることを主張,五言古詩は李白,五言律詩は王維,岑 (しんじん) に学んだ。詩集『楊仲弘詩集』 (8巻) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楊載」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楊載の関連情報

関連キーワード

忽必烈・忽比烈元(中国の王朝)忽必烈異国警固番役永福門院覚如ガザン汗風につれなき物語

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation