@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楚囚【ソシュウ】

デジタル大辞泉

そ‐しゅう〔‐シウ〕【×楚囚】
の鍾儀はに捕らわれた後も、自国をつけていたという「春秋左伝」成公9年の故事から》他国に捕らわれた楚の国の人。転じて、他国に捕らえられ望郷の思いをいだく人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そしゅう【楚囚】
左氏伝 成公九年
捕らえられた楚人。転じて、捕らえられて他国にある者。とりこ。楚俘そふ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐しゅう ‥シウ【楚囚】
〘名〙 (「春秋左伝‐成公九年」の「文子曰、楚囚君子也、言称先職、不本也」から) とらわれた楚の人。転じて、敵国にとらわれの身となって、望郷の思いの切なる人。囚人。とりこ。
※実隆公記‐享祿四年(1531)六月七日「畢竟常桓為楚囚之躰云々」 〔晉書‐王導伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楚囚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楚囚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation