@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

業務統計【ぎょうむとうけい】

世界大百科事典 第2版

ぎょうむとうけい【業務統計】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

業務統計
ぎょうむとうけい

ある特定の統計的結果を得る目的をもって調査、集計される統計ではなく、日常業務の遂行の際に、それに付随して得られる情報に基づいて、主として業務遂行の結果を知る目的で作成される統計のこと。広義には、公私を問わず、業務の遂行に関して得られるものはすべて業務統計といいうるが、普通は、行政府の各部局や外局、現業部門などで行われる事務処理に関して得られた情報に基づいて、その処理の結果を定期的に整理、報告するために作成される統計についていわれる。いずれも系統的な行政事務機構と法令に基づいて行われる業務のなかから作成されるもので、税関業務に基づく日本外国貿易統計(通称、通関統計)、郵政事務に基づく郵政統計、徴税事務に基づく税務統計、建設行政に基づく建築着工統計などがその例である。

[高島 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

業務統計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

業務統計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation