@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【コウゾ】

デジタル大辞泉

こうぞ〔かうぞ〕【×楮】
《「紙麻(かみそ)」の音変化》クワ科の落低木。山野に自生する。葉は卵形で先がとがり、二~五つに裂けるものもある。春、枝の下部の葉の付け根に雄花を、上部の葉の付け根に雌花をつける。は赤く熟し、食べられる。樹皮から繊維をとって和紙原料にする。たく。かぞ 花=春》「浅山や―花咲き人あらず/紅葉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かぞ【×楮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かぞ【楮】
こうぞ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうぞ【楮】
かみそ(紙麻)の転
クワ科の落葉低木。山地に自生し、また各地で栽培する。葉は広卵形。雌雄同株。春、薄黄緑色の小花がつき、六月頃キイチゴに似た実が赤く熟す。樹皮の繊維を和紙の原料とする。カゾ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

楮 (カジノキ・カジ)
学名:Broussonetia papyrifera
植物。クワ科の落葉小高木・高木,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楮 (コウゾ・カズ;カンズ;コゾノキ)
学名:Broussonetia kazinoki
植物。クワ科の落葉低木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楮 (コウゾ)
植物。アオイ科の一年草,薬用植物。トロロアオイの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうぞ かうぞ【楮】
〘名〙 (「かみそ(紙麻)」の変化した語)
① クワ科の落葉低木。本州以西の山野に生え、また畑や山すそに栽植される。高さ二~五メートル、ときに高さ一〇メートル、茎の径二〇センチメートルぐらいになる。葉は柄があって互生し、長さ一〇センチメートル内外で、左右不整の卵形で先はとがり、基部は心形で縁に鋸歯(きょし)があり、しばしば深く二~五裂する。春、淡黄緑色の単性花を雌雄同株につける。雄花穂は楕円形で若枝の基部の葉腋(ようえき)に生じ、雌花は多数が球状に集まって上部の葉腋につく。果実は球状に集まって六月ごろ赤く熟し、甘味があって食べられる。樹皮の繊維は和紙の重要な原料。楮の字は、梶木の一名で、同属のカジノキと混同されることがあった。かみぎ。かぞ。かず。こぞのき。《季・夏》 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② (①で紙を製するところから) 紙をいう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「楮をして価を踊しむるに至らざれども、頗婦幼に賞せらる」
③ 植物「とろろあおい(黄蜀葵)」の古名。〔和訓栞後編(1887)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


こうぞ
の原料の一つ
奈良時代から利用され,紙の需要とともに室町時代から栽培が盛んとなった。江戸時代には四木三草の一つとして幕府諸藩が栽培を奨励した。土佐美濃越前紙などの主原料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation