@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【たて】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


たて
shield
武器の一種。敵のあるいは猛獣の攻撃から身を守るための防具西洋では古くはエジプトの古王朝時代からあり,以後ギリシア・ローマ時代,中世ルネサンスの各時代に用いられた。 14世紀頃までは実用的に用いられたが,以後は次第に装飾化した。その形や大きさはそれぞれの時代と地域によって異なる。中国のものは戦国時代,漢代の資料が実物画像石などで知られる。日本で古墳から出土するものは器面に塗ったが残存しており,おそらく革製であったと推測される。その他埴輪や石製模造品にもみられる。鉄製のものとしては,天理市石上 (いそのかみ) 神宮に伝わる2枚の置楯が知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たて【楯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

たた【×楯】
たて」の古形
「―並(な)めて」〈・中・歌謡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation