@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

極圏【キョッケン】

デジタル大辞泉

きょっ‐けん〔キヨク‐〕【極圏】
地球の北緯南緯それぞれの66度33分の緯線。また、それよりも高緯度の地域。北極圏南極圏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょく‐けん【極圏】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょくけん【極圏 polar circle】
緯度66゜33′の緯線を指す場合とそれより高緯度の地帯(極地)を指す場合がある。夏至には北極圏(北緯66゜33′)以北では一日中太陽は地平線に没することはなく,冬至では終日見られない。北極に近づくに従ってこの日数は増加し,北極では半年間が昼で,他の半年間が夜となる。南極地方ではこの逆となる。一年は夏と冬に両分され,気温年較差が大きく,日較差は小さい。一年中氷に覆われているところが多く,夏の気温も低いため樹木は見られない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょくけん【極圏】
きょっけん極圏

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょっけん【極圏】
地球上の南緯・北緯それぞれ66度34分の緯線。また、それよりも高緯度の地域。北極圏と南極圏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

極圏
きょくけん
緯度66度33分の緯線、またこの緯線から極側の地域をいい、北半球では北極圏、南半球では南極圏とよぶ。極を中心としたこの地域は極地という呼び方もされる。極圏から高緯度地域を数理的気候帯では寒帯ともいう。高緯度のため太陽高度は低く地表に到達する直達日射量は少なく、低温である。ケッペンの気候区分では、最暖月平均気温が0℃以下の地域をさす場合と、樹木が生育できない気候である最暖月の平均気温10℃未満とする場合がある。冬半年は終日夜であり、放射冷却の状態が続く。したがって夏の昼半年と冬の夜半年の気温の年較差は大きく、一方、気温の日較差は小さい。一般に大気下層では放射冷却によって低温で乾燥した高気圧が形成されているが、対流圏中・上層では年間を通じて低気圧ができ、極渦(きょくうず)とよばれている。北極圏とそれより中緯度側の地上気圧が逆に変動する現象があり、北極振動という。北極振動は中・高緯度地域の寒波、大雪、異常高温や、極域の成層圏オゾン層の破壊との関連が指摘されている。ほとんどがアネクメーネ(非居住地域)であるが、地下資源や軍事、航空路の面から重要性が増大している。また、上空の成層圏でオゾン層が希薄となるオゾンホール(オゾンの穴)の原因が人間活動の結果放出されるフロンガスであると判明し、フロン類などの温室効果ガスを削減するための国際条約締結の端緒となった。[山下脩二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょっ‐けん キョク‥【極圏】
〘名〙 地球の南極圏と北極圏の総称。南北緯度六六度三〇分よりそれぞれ南または北の部分をいう。この圏では、一日中太陽が出ない、もしくは沈まない期間がある。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極圏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極圏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation