@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

極性溶媒【きょくせいようばい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

極性溶媒
きょくせいようばい
polar solvent
誘電率の大きい液体溶媒として働くとき,これを極性溶媒という。双極子モーメントの大きな分子から成る液体は一般に極性媒となる。極性溶媒は電気的極性をもつ化合物やイオン化合物をよく溶かす。その理由は,イオンの周囲に極性溶媒の分子が集合して溶媒和することにより,イオン状態としての溶解を安定化させるためである。誘電率の大きい液体ほどイオンを安定化させる効果が大きく,したがってイオン化合物の溶解度を大きくする。水は常温で誘電率が約 80という異常に大きなを示し,イオン化合物をよく溶かす代表的な極性溶媒。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょくせいようばい【極性溶媒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

極性溶媒
キョクセイヨウバイ
polar solvent

溶媒としての有極性分子の液体.水,アルコール,液体アンモニアなど.誘電率無極性溶媒に比べてはるかに大きく,溶質の正負電荷間のクーロン引力は小さくなる.溶質との相互作用が強く,溶媒和エネルギーは大きいため,溶質は溶媒和しやすい.無極性溶質が無極性溶媒に溶けやすい傾向があるのに対し,極性溶媒は極性溶質(電解質,有極性分子)を溶かしやすい.溶質の吸収スペクトルは無極性溶媒では気相のそれに近いが,極性溶媒中では吸収極大の位置,そのほかに影響を与える.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極性溶媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極性溶媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation