@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

極意【ゴクイ】

デジタル大辞泉

ごく‐い【極意】
学問や技芸などで、核心となる大切な事柄。奥義。「極意を授かる」「極意を会得する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごくい【極意】
学問や技芸で、核心となる事柄。奥義。 剣の-を授かる -を極める

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごく‐い【極意】
〘名〙
① 物事の本質、核心。特に、学問や芸事の核心となる大切なところ。奥の手。奥義。秘訣。
連歌教訓(1582)「上手の極意になせし微(かすか)なる連歌など」
怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉五「真影流の極意を極めました名人にて」
② 心の奥底。真実の心。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)四「此頃買手の大臣となって心底を引見しは、極意(ゴクイ)を聞かん為計じゃ」
[語誌](1)中国古典に「意を尽くす、心を尽くす」意の「極意」があるが、日本での意味用法や使用時期から見て直接それに由来するものとは考えにくい。学問や芸能分野での立派分派が盛んに行なわれた中世という時代を背景に、類義語「奥意(おくい)」ともども、「奥義」等の既存の漢語を下敷にして造られるに至った和製漢語であると推定される。
(2)近世には②のように文字通りに解釈して使用した例も現われたが、次代にまでは受け継がれることなく終わっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極意」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極意の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation