@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楼蘭【ろうらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楼蘭
ろうらん
Lou-lan
中国,シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区のロプノール地方にあった都市国家。原名をクロライナ Krorainaといい,前2世紀頃人に知られて以来,楼蘭と漢訳された。東西交通の要衝であり,西域地方有数の市場町で,ロプノール(羅布泊)湖一帯にわたる一独立王国を築いていた。しかし前2世紀末より,市場の支配を目指して漢人と匈奴の争奪戦が展開され,前77年の属国となり,国名も鄯善改称された。漢の支配以来,近隣のオアシス諸国を統合して一大勢力を形成したが,ロプノール地方の乾燥化に伴い,しだいに無人の地となり,7世紀以降は廃虚と化した。20世紀の初め,スウェン・アンデルス・ヘディン,マーク・オーレル・スタインらによってその遺跡が発見された。(→楼蘭遺跡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろうらん【楼蘭】
中国、時代の西域諸国の一。また、その中心となったオアシス都市タリム盆地東部、ロブノール西北岸にあり、シルクロードの要衝として繁栄。前77年、漢の属国とされ、鄯善(ぜんぜん)と改称。ロブノールの移動によって衰退、7世紀には廃墟と化した。20世紀に入って遺跡が発見された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろうらん【楼蘭 Lóu lán】
中国,漢代の西域のオアシス都市国家。原名はクロライナKroraina。その都城址は,新疆ウイグル(維吾爾)自治区ロプ・ノール(羅布泊)の北西にある。楼蘭の名は,前176年(文帝の4年),匈奴(きようど)から漢に送られた書簡の中にはじめて登場するが,以後も,匈奴・漢両国の支配下に置かれることが多く,前77年(元鳳4)には漢によって国王が殺害され,国号も楼蘭から鄯善へと改められた。前1世紀の鄯善,すなわち楼蘭(クロライナ)の戸数は,1570戸,人口は1万4100と伝えられ,当時の西域のオアシス諸都市の中では中程度の規模であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろうらん【楼蘭】
中国、漢魏時代の西域のオアシス都市国家。タリム盆地のロブノールの西岸に遺跡がある。シルクロードの要衝として繁栄。紀元前77年漢が征服して国号を鄯善ぜんぜんとした。1900年ヘディンにより遺跡が発見された。クロライナ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

楼蘭
ろうらん
中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区、タリム盆地東端の古代遺跡。『漢書(かんじょ)』西域(せいいき)伝にみえる(ぜんぜん)国の旧名。タリム川の末端であるロプノールの西北岸にある。敦煌(とんこう)から西方に向かうと、まず到達するのがこのオアシスであり、古来、シルク・ロードの要衝として繁栄した。紀元前176年ころ匈奴(きょうど)の支配下に入ったが、前漢が西域への進出を図るとともに、漢と匈奴の抗争の地となり、前108年、漢の趙破奴(ちょうはど)は匈奴を駆逐して征服し、楼蘭王を捕らえたので、以後楼蘭は漢と匈奴に両属した。その後も楼蘭はしばしば漢使を迫害したので、前77年、漢は傅介子(ふかいし)を送って王を殺し、王弟の尉屠耆(いとき)を王とし、国名を善と改めた。以後この国は漢史には善国の名で現れ、後漢(ごかん)時代に入っても班超(はんちょう)に服属した。2世紀末か3世紀初め、この国は西方から到来したクシャン朝の移民団に征服され、公文書にカローシュティー文書(もんじょ)(ガンダリー語)を使用する統一国家となった。その領域は東はロプノール周辺から西はニヤ遺跡まで、東西900キロメートルに及ぶ大国であった。この文書によると、この時代に楼蘭はペーピヤ、タジャカ、アムゴーカ、マヒリ、バスマナという5人の王が君臨していた。この国は大王の下に複雑な官僚機構をもち、チャルマダナ、サチャ、チャドータなどのオアシスを支配し、各オアシスにはチョジボー(地方長官)やソータムガ(徴税官)が任命され、駅伝制が置かれていた。ニヤのようなオアシスはラーヤ(王領)とよばれ、そこには町(ナガラ)と村(アバナ)があり、税としてバター、ヒツジ、穀物、ぶどう酒、フェルト、カーペットなどが徴収された。宗教としては仏教が盛んで、各オアシスに僧団が置かれ、それぞれ首都クロライナ(楼蘭)の僧団に統率されていた。僧侶(そうりょ)は官職につき、妻帯を許され、土地・奴隷を有して豊かな生活を送っていた。クロライナ南方のミーラン出土の壁画は、この国の文化がきわめて西方色豊かであったことを示している。
 楼蘭西端のニヤは4世紀に滅んだらしいが、楼蘭王国は4~5世紀、中国の中原(ちゅうげん)王朝と冊封(さくほう)体制を結び繁栄した。しかし439年、北魏(ほくぎ)が涼州にあった北涼を滅ぼしたため、442年その残党が楼蘭を攻め、その3年後には北魏の万度帰の軍が楼蘭を占領した。その結果、448年には北魏の交趾(こうし)公韓牧(かんぼく)が新しい王として赴任した。この地方はオアシスとしては、この後もしばらく命脈を保つが、7世紀以降は廃墟と化した。[長澤和俊]
『長澤和俊著『楼蘭王国』(1976・第三文明社) ▽ヘルマン著、松田寿男訳『楼蘭』(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろうらん【楼蘭】
中国、新疆ウイグル自治区、タリム盆地東端、ロブノール湖の北方に紀元前二世紀以前から存在したオアシス都市国家。シルクロードの要衝に位置し繁栄したが、四世紀にロブノール湖の移動により衰え、七世紀初頭には廃墟と化した。一九〇〇年ヘディンが発見。城壁、住居址などの遺跡や文書・漢式鏡・五銖銭・絹布・青銅器などの遺物が発掘され、漢文化との深いつながりが知られた。クロライナ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

楼蘭
ろうらん
中央アジア,タリム盆地東辺のロプ−ノール湖の北西にあった古代のオアシス都市
漢代の中国の史書に現れる地名で,東西交通の要地であった。前108年前漢の武帝に征服された。4世紀中ごろロプ−ノール湖の移動によって廃墟となり,長くその位置が不明であったが,1901年ヘディンが発見し,スタインらの調査で明らかにされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楼蘭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楼蘭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation