@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楽天主義【らくてんしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楽天主義
らくてんしゅぎ
optimism
一般に苦悪などの反価値の存在にもかかわらず,全体としてこの世は存在しうる世界のなかで最良のものであるとする考え方をさし,ペシミズム (→厭世観 ) と対立している。この定義は哲学的楽天主義 (最善観) の創始者ともみられるライプニッツの『弁神論』中のもので,この考え方をさすため,フランスのトレブーのイエズス会士らによって,optimumから optimismという語がつくられた。心理学的には人生の目的,その実現のための困難の克服を快となす改良主義的快楽主義の形をとり,マルブランシュ,シラーらがいる。哲学的には存在の完成度という視点からみるとプラトン,アリストテレス,ストア主義,新プラトン主義,スコラ哲学は,すべて楽天主義 (最善観) である。近世ではブルーノ,スピノザ,イギリスのシャフツベリー,ポープ,啓蒙主義を通じヘーゲルにその頂点を見出すドイツ文化楽天主義がある。また自然科学化したものにスペンサー,ダーウィンの進化論,技術主義があり,経済社会思想としては自由主義,マルクス主義がある。現代の実存主義は快苦,善悪の相対的判断の不合理性をつき,その超越を説くので,ある意味では楽天主義的といえる。宗教ではすべての宗教が究極的には苦,罪からの救済を目的としているため,楽天主義に立つといえる。しかし個人の精神的努力を認める改良主義の形をとるのか,そうでないのかで著しくその色彩が違い,キリスト教は前者,仏教やイスラムは後者に分類されることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らくてん‐しゅぎ【楽天主義】
楽天観」に同じ。
くよくよせず、何事も楽天的に考えていく傾向

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らくてんしゅぎ【楽天主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

らくてん‐しゅぎ【楽天主義】
※厭世詩家と女性(1892)〈北村透谷〉「ポープの楽天主義(ラクテンシュギ)の如きは盖し所謂解脱したる楽天にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

楽天主義
らくてんしゅぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽天主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽天主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation