@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

楽部【ガクブ】

デジタル大辞泉

がく‐ぶ【楽部】
大正10年(1921)宮内省式部職の雅楽部を改称してできた機関。現在は宮内庁式部職の一部門として残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がくぶ【楽部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がくぶ【楽部】
宮内庁式部職の一部局。皇室関係行事での雅楽(楽舞)と洋楽(主に室内楽)の演奏に当たる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

楽部
がくぶ
宮内庁式部職において雅楽を担当する部門。その演奏家を楽師という。1870年(明治3)太政官(だじょうかん)雅楽局に三方楽人(さんぽうがくにん)(京都宮廷・大阪四天王寺・奈良興福寺の楽人)と江戸城内の紅葉山(もみじやま)楽人が召集され、旧来の大曲・秘曲専有の慣習を廃して教習の自由化を促す方針が決められ、76年、88年には各楽家(がくけ)の伝承を集成して雅楽の全楽曲を網羅した明治選定譜が編纂(へんさん)された。その間、雅楽局は71年に雅楽課、88年に雅楽部、1907年(明治40)に楽部と改称されて現在に至っている。
 内部は楽長2名、楽長補3名、楽師20余名、事務長4名、および顧問・楽生からなり、洋楽の学習を含め6~7年の修業期間を条件に、民間にも門戸が開放されている。毎年、神武(じんむ)天皇祭・先帝祭・皇霊祭には神楽(かぐら)・東遊(あずまあそび)、また随時、天皇即位式典には大歌(おおうた)・久米歌(くめうた)、葬儀には誄歌(るいか)など、宮中の非公開の儀礼で演奏することが定められている。管絃(かんげん)と舞楽は春秋の2回皇居で公開されるほか、洋楽を演奏する場合もある。[橋本曜子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐ぶ【楽部】
〘名〙 もと、宮内省式部職に属して、宮中の楽事をつかさどった所。現在はこの名称はないが、実体は宮内庁式部職の一部門として残存。
※宮内省官制(明治四〇年)(1907)三四条「式部職に掌典部及楽部を置く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽部の関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))帰山教正ヴェナイト内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国アフマートワ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation