@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

榊原康政【さかきばらやすまさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

榊原康政
さかきばらやすまさ
[生]天文17(1548).三河
[没]慶長11(1606).5.14. 上野,館林
安土桃山時代の武将。徳川氏の重臣。長政の子。幼名は亀丸,小平太。幼少から家康に仕え,姉川戦い長篠い,小牧・長久手の戦いにより,従五位下に叙され,式部大輔に任じられた。小田原征伐ののち,天正 18 (1590) 年,家康の関東移封に伴い,上野館林 10万石に封じられた。文禄1 (92) 年以来秀忠に仕え,慶長5 (1600) 年秀忠が信州上田城主真田昌幸に阻止され関ヶ原の戦いに間に合わなかったとき,康政の陳謝によって許されたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さかきばら‐やすまさ【榊原康政】
[1548~1606]安土桃山時代の武将。徳川家康に仕え、姉川・長篠などの多くの戦に軍功をあげ、徳川四天王の一人に数えられた。関東入部後、上野(こうずけ)館林で10万石を領した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

榊原康政 さかきばら-やすまさ
1548-1606 戦国-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)17年生まれ。榊原長政の次男。徳川家康につかえる。三河一向一揆(いっき)攻めの功によって康政の名をあたえられた。以後各地の戦いで活躍,徳川四天王のひとりと称された。天正(てんしょう)18年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主榊原家初代。10万石。慶長11年5月14日死去。59歳。三河(愛知県)出身。幼名は亀丸,小平太。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さかきばらやすまさ【榊原康政】
1548‐1606(天文17‐慶長11)
近世初期の武将。通称小平太。式部大輔に任じた。はじめ酒井忠尚の家臣で,1560年(永禄3)岡崎に帰城した徳川家康に属し近臣となった。三河一向一揆に初陣,家康の一字を与えられ,永禄末年に旗本一手の軍団を指揮する部将に取り立てられた。以後,徳川氏の5ヵ国領有期の諸合戦ではつねに第一線にあって活躍。関東入国時,上野国館林で10万石を与えられた。【煎本 増夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さかきばらやすまさ【榊原康政】
1548~1606 安土桃山時代の武将。三河の人。徳川四天王の一人。越後高田藩主榊原氏の祖。姉川、小牧長久手の戦いに軍功を立て、上野こうずけ館林に一〇万石を領した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

榊原康政
さかきばらやすまさ
(1548―1606)
安土(あづち)桃山時代の武将。徳川家康直属の有力部将で譜代(ふだい)大名。幼名小平太、官名は式部大輔(しきぶたいふ)。三河一向一揆(いっこういっき)で家康に敵対した家老酒井忠尚(ただなお)の小姓(こしょう)であったといわれる。1560年(永禄3)岡崎に帰城した家康に属して近臣となり信任を得、三河一向一揆で初陣を飾り、家康の一字を与えられ康政と称した。永禄(えいろく)(1558~70)末年、本多忠勝(ただかつ)と同じ旗本一手の軍団を指揮する部将に取り立てられた。五か国領有時代を通じ旗本部将でつねに第一戦で軍功があり、同様の地位にあった本多忠勝、井伊直政(いいなおまさ)とともに三傑と称せられた。関東入部後は上野(こうずけ)国(群馬県)館林(たてばやし)で10万石を与えられた。関ヶ原の戦い後、忠勝、直政とともに参陣した大名の論功行賞にあたり、政治の中枢にあった。[煎本増夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さかきばら‐やすまさ【榊原康政】
安土桃山時代の武将。式部大輔。徳川四天王の一人。はじめ家康に、のち秀忠に仕える。姉川、長篠(ながしの)などの戦いに軍功を立て、のち上州館林一〇万石を領する。天文一七~慶長一一年(一五四八‐一六〇六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

榊原康政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

榊原康政の関連情報

関連キーワード

アグリコラジグムント2世アウグストアラソンフランス演劇岩手の葉タバコ生産溝口秀勝運歩色葉集小笠原長時スアレス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation