@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

榎本健一【えのもとけんいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

榎本健一
えのもとけんいち
[生]1904.10.11. 東京
[没]1970.1.7. 東京
喜劇俳優。通称エノケン。柳田貞一の門下で,1919年東京浅草金竜館で初舞台。カジノ・フォーリー,新カジノ・フォーリー,プペ・ダンサント,ピエル・ブリアントを結成し,浅草でボードビリアンとして人気を得,32年松竹座でエノケン一座を組織した。のち東宝に転籍,舞台,映画に出演,笑いのなかに哀愁性をもった芸風で一般庶民に親しまれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えのもと‐けんいち【榎本健一】
[1904~1970]喜劇俳優。東京の生まれ。浅草オペラの出身で、エノケンの愛称で人気を博した。一座を主宰して舞台出演するかたわら、映画でも活躍した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

榎本健一 えのもと-けんいち
1904-1970 昭和時代の喜劇俳優。
明治37年10月11日生まれ。大正末期から浅草オペラ金竜館の舞台にたつ。昭和4年カジノフォーリーに出演,7年松竹座でエノケン一座を旗揚げ。映画「エノケンのちゃっきり金太」「エノケンの法界坊」などが大ヒット,エノケンの愛称でしたしまれ,喜劇王とよばれた。37年脱疽(だっそ)で右足切断後も義足で舞台にたった。昭和45年1月7日死去。65歳。東京出身。
格言など】自分自身を幸福と思え

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

榎本健一
1904〜1970(明治37年〜昭和45年)【喜劇俳優】喜劇王エノケン。ロッパとのアチャラカで一世風靡。 昭和期の喜劇俳優。東京都出身。愛称エノケン。1922年(大正11)東京浅草オペラの舞台に立つものの、関東大震災によリ浅草が壊滅的な打撃を受けたため、コント芝居などをしながら地方を巡業。1929年(昭和4)喜劇に転じ人気を博すと、「エノケン一座」を旗揚げ。軽妙でスピーディな動きと愛嬌ある表情で演劇・映画に大活躍した。ともに喜劇王といわれた古川ロッパと組んだ「アチャラカ」芝居は、喜劇の新時代を作った。晩年脱疽により右足を切断したが、義足をつけて見事に再起した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えのもとけんいち【榎本健一】
1904‐70(明治37‐昭和45)
エノケンの愛称で親しまれた不世出コメディアン。天性の身軽さでどたばたを演じ,天才的な音感難曲を歌いこなした。東京青山に靴屋の息子として生まれる。浅草オペラ全盛の1922年に,17歳で根岸歌劇団のコーラス部員として初舞台を踏み,23年の正月公演《猿蟹合戦》の,その他おおぜいの子猿の1匹の役で,お鉢を抱えて逃げ回ったあげく,舞台の隅でひっくり返し,大立回りをしり目に,こぼれたご飯をたんねんに拾って食べる姿が大受けに受けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えのもとけんいち【榎本健一】
1904~1970) 喜劇俳優。東京生まれ。通称をエノケン。映画・舞台で活躍した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

榎本健一
えのもとけんいち
(1904―1970)
喜劇俳優。愛称エノケン。明治37年10月11日東京・青山に生まれる。尾上(おのえ)松之助にあこがれて映画俳優を志したが果たさず、浅草オペラの柳田貞一門下となり、1922年(大正11)金竜館で初舞台。のち東亜キネマを経て29年(昭和4)浅草で「カジノ・フオーリー」の結成に参加、たちまち頭角を現した。32年松竹の専属となり、浅草松竹座で「エノケン一座」を旗揚げ、38年東宝へ移籍した。映画での初出演はPCLの『青春酔虎伝(すいこでん)』(1934)。第二次世界大戦後はテレビにも出演、55年(昭和30)に喜劇人協会の初代会長に就任したが、私生活では特発性脱疽(だっそ)のため右足切断、ひとり息子の死、離婚、生活苦などの不幸にみまわれ、晩年は恵まれなかった。彼はオペラで修得した洋楽の素養に加えて、独特の体技によるギャグを考案、従来にない新感覚のナンセンス喜劇を開発した。近代の芸能史を通じて彼ほど大衆に親しまれた者はなく、名実ともに日本の喜劇王とよぶにふさわしい人物であった。昭和45年1月7日肝硬変のため死去。死後、勲四等旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)を受けた。著書に『喜劇放談』(1956)、『喜劇こそわが命』(1967)などがある。[向井爽也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えのもと‐けんいち【榎本健一】
喜劇俳優。大きな目と、独特なしわがれ声を生かして、ナンセンス劇で活躍。エノケンの通称で親しまれた。明治三七~昭和四五年(一九〇四‐七〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

榎本健一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

榎本健一の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲青木繁インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア

他サービスで検索

「榎本健一」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation