@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

榻の端書【しじのはしがき】

精選版 日本国語大辞典

しじ【榻】 の 端書(はしがき・つまがき)
昔、女が、言い寄る男の誠意を確かめるために、百夜通って榻に寝たら会おうといったので、男は九九夜まで毎夜来て、榻の端に証拠を書きつけておいたが、百夜めに支障があって行くことができず、思いを遂げえなかった、という伝説。男の恋の熱烈さ、また、恋愛の思うようにならないことのたとえとされる。
※散木奇歌集(1128頃)恋下「しるしあれや竹のまろねを数ふれば百夜はふしぬしぢのはしがき」
※仮名草子・薄雪物語(1632)上「心中はみたらし河ほどに御入り候へども、しぢのつまがきにて候へば、此人やらん、日に千度おもひやるとはよも知らじ通ふ心の物をいはねば」
[語誌]「古今集‐恋五」の「暁のしぎのはねがき百はがき君が来ぬ夜は我れぞ数かく〈よみ人しらず〉」の「しぎのはねがき」を、「しぢのはしがき」とした本によって作られた伝説であると「袖中抄」にある。深草少将と小野小町、あるいは藤原鳥養(とりかい)と藤原永平(ながひら)の娘との物語として流布した。しかし、「古今集」の有力伝本に「しぢのはしがき」の本文はなく、歌意も「鴫の羽がき」が自然で、「榻」説はこじつけか。ただ、平安鎌倉期歌人に広く知られ、「思ひきやしぢのはしがきかきつめて百夜も同じまろ寝せんとは〈藤原俊成〉」〔千載‐恋二〕などと詠まれた。藤原定家も「古今集」の本文としては退けた上で、「榻の端書き、捨つべからず」〔顕注密勘〕と言う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

榻の端書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

榻の端書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation