@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

榾木【ホタギ】

デジタル大辞泉

ほた‐ぎ【×榾木】
《「ほだぎ」とも》
榾(ほた)」に同じ。
シイタケを栽培するときに、種菌をつける原木シイクリクヌギなどのを用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほたぎ【榾木】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほた‐ぎ【榾木】
〘名〙 (「ほだぎ」とも)
※右京大夫集(13C前)「うらやましほたききりくべいかばかりみゆわかすらむあきのやまさと」
② 椎茸(しいたけ)をその皮部から発生させるための木材。椎(しい)、栗、櫟(くぬぎ)などの幹を用いる。
※温泉(1930)〈梶井基次郎〉一「や櫟を切り仆(たふ)して椎茸のぼた木を作る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

榾木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

榾木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation