@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

槇文彦【まきふみひこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

槇文彦
まきふみひこ
[生]1928.9.6. 東京
建築家。 1952年東京大学工学部建築学科卒業。ハーバード大学で学ぶ。 SOM建築事務所などを経て,ワシントン大学,ハーバード大学助教授をつとめ,79~89年東京大学教授。 69年槇総合計画事務所を設立。 59年メタボリズム・グループ結成に参画。群造型理論で知られる。おもな作品に日本建築学会賞を受賞した名古屋大学豊田講堂 (1962) と藤沢市秋葉台文化体育館 (84) がある。ほかに代官山集合住宅 (69,73,77) ,スパイラル (84) ,京都国立近代美術館 (86) ,幕張メッセ (88) ,東京都体育館 (90) など。主著『記憶の継承』 (91) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

槇文彦 まき-ふみひこ
1928- 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和3年9月6日生まれ。東大卒業後,ハーバード大にまなぶ。昭和40年槇総合計画事務所を設立。54年東大教授。20世紀モダニズム建築を追求し,洗練された作品で世界的に評価されている。2度の日本建築学会賞のほか,49年芸術選奨,平成5年プリッカー賞,11年世界文化賞。23年には米建築家協会(AIA)より「世界の建築界に最も影響を与えた個人」におくる金メダルを受賞。25年「名古屋大学豊田講堂」で芸術院恩賜賞。同年文化功労者。東京出身。代表作は代官山集合住宅(ヒルサイドテラス),名大豊田記念講堂,幕張メッセ,朱鷺メッセなど。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

槇文彦
まきふみひこ
(1928― )

建築家。東京生まれ。1952年(昭和27)、東京大学工学部建築学科を卒業。1953年にはアメリカ、ミシガン州にあるクランブルック・アカデミー・オブ・アーツの修士課程を修了、翌1954年ハーバード大学修士課程を修了する。1956年にはワシントン大学の準教授となり、1962年にハーバード大学の準教授となる。在米期間中、名古屋大学豊田講堂の設計者に抜擢されて実施(1960)。この最初の仕事で1962年、日本建築学会作品賞を受賞。弱冠34歳、衝撃のデビューとなる。帰国した後、1965年、槇総合計画事務所を開設。1979年、東京大学工学部建築学科教授(~1989)。

 世界デザイン会議(1960年、東京)が開催されたのを機に、都市計画家浅田孝(1921―1990)、建築評論家川添登らによりメタボリズム・グループが結成され、1960年代に都市計画・建築に関する運動を展開するが、この運動に槇も参加。

 その後、個人の設計事務所としては異例といえるほど多くの大規模公共建築の実施業務に恵まれるなど、輝かしく華々しい経歴と賞賛の一方で、槇の真骨頂ともいえる仕事はむしろ、約四半世紀にもわたって続けられた、東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラス(1969~1992)における、どちらかといえば地味な一連の仕事である。全6期にわたったこの仕事は、確実に周辺に対して働きかけ、地域全体を変質させた。施主と設計者との関係の一つの見本ともいえるような、理想的な共同作業の粘り強く続けられたプロジェクトである。

 おもな受賞歴として、1984年藤沢市秋葉台文化体育館で日本建築学会作品賞、1993年プリツカー賞、UIA(国際建築家連合)ゴールド・メダル、1999年世界文化賞。2001年(平成13)には、代官山ヒルサイドテラスの仕事が「現代都市における近代建築のあり方を追求した一連の創作活動による建築界への貢献」と評価され、この一連の仕事全体に対して日本建築学会大賞が与えられている。

 そのほかの代表的な作品として、スパイラル(1985、東京都。レイノルズ賞)、京都国立近代美術館(1986)、幕張(まくはり)メッセ(1989、千葉県)、TEPIA(テピア)(機械産業記念館。1989、東京都)、東京体育館(1990)、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(1990~1994、神奈川県)、イエルバ・ブエナ・ガーデンズ芸術センター(1993、サンフランシスコ)、風の丘葬斎場(1997、大分県。村野藤吾賞)などがある。

[堀井義博 2019年2月18日]

『『槇文彦建築ドローイング集――未完の形象』(1989・求龍堂)』『槇文彦著『記憶の形象――都市と建築の間で』上下(ちくま学芸文庫)』『川添登編、菊竹清訓・川添登・大高正人・槇文彦・黒川紀章著『METABOLISM 1960』(1960・美術出版社)』『槇文彦他著『見えがくれする都市――江戸から東京へ』(1980・鹿島出版会)』『槇文彦他編著『ヒルサイドテラス白書 住まい学体系71』(1995・住まいの図書館出版局)』『「槇文彦+槇総合計画事務所」(『SD』1979年6月号・鹿島出版会)』『『SD』編集部編『現代の建築家――槇文彦1 1965―1978』(1979・鹿島出版会)』『『SD』編集部編『現代の建築家――槇文彦2 1979―1986』(1987・鹿島出版会)』『『SD』編集部編『現代の建築家――槇文彦3 1987―1992』(1994・鹿島出版会)』『ギャラリー・間企画・編集『槇文彦 建築という現在――現場からのリポート』(1996・TOTO出版)』『『SD』編集部編『現代の建築家――槇文彦4 1993―1999』(2001・鹿島出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

槇文彦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

槇文彦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation