@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

槓杆・槓桿【こうかん】

精選版 日本国語大辞典

こう‐かん カウ‥【槓杆・槓桿】
〘名〙
① 一定点を通る軸のまわりに自由に回転しうる棒。定点を支点、重さ(抵抗)のかかる点を作用点、力の作用する点を力点という。支・作用・力、三点の位置のいかんによって三つの場合があり、それぞれの力のモーメントの合成をゼロとすることによって均衡をとっている。支点が棒の中間にあるものに「天びん」「てこ」、重点が中間にあるものに「押切り」、力点が中間にあるものに「日本鋏」などがある。挺子(てこ)。比喩的に物事を変えたり、動かしたりする力となるものをいう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「河に架せるの橋は、其中腹に鍱活(てふつがひ)を施し、上に槓桿を植え」
※正直者(1903)〈国木田独歩〉「重苦しい性質は〈略〉理想の槓杆(コウカン)では容易に動きませんでした」
② 銃の遊底を操作するための突起部。
※歩兵操典(明治二〇年)(1887)二「右肩に担ひ槓杆を上にす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

槓杆・槓桿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

槓杆・槓桿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation