@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

様式【ようしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

様式
ようしき
style
文字を書く方式,文章または芸術作品などにおける類型的特徴をいう。ラテン語の尖筆を意味するスティルス stilusに由来し,本来は公文書の書式の場合に用いられた。芸術作品では一般に歴史的様式のことをいい,個人の年齢的発展の段階により,青年様式,壮年様式,老年様式のように分ける方法や,時代によって区分する古典様式,ゴシック様式バロック様式などがある。このほかフランス様式,ドイツ様式など民族によって分類する場合,油彩画様式,木彫様式など媒材による分類,静物画様式,風景画様式など対象によって分類する場合があり,さらに素朴的,情念的,触覚的,視覚的など,より本質的な形成可能性に基づく分類もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐しき〔ヤウ‐〕【様式】
ある範囲の事物・事柄に共通している一定の型・方法。スタイル。「古い様式の家具」「書類の様式
ある時代・流派の芸術作品を特徴づける表現形式。「飛鳥(あすか)様式を模倣する」「様式美」
習慣・約束などで定められたやり方。「生活様式」「行動様式
形式用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようしき【様式 style】
広くは,〈生活様式〉〈行動様式〉などという場合のように,人間の行為のあり方,ないしは,さまざまの行為,表現を特徴づける諸性格の総体を指して〈様式〉と呼ぶが,とくに芸術において,作品をある時代,地域,民族,あるいはその他の特定のグループに分類することを可能ならしめる表現上の特色の総体を〈様式〉という。たとえば,〈ゴシック様式〉は,ゴシック時代の建築,彫刻,絵画,工芸等の形式的統一を特徴づけるある共通した性格の総体を指して用いられるし,〈ナビ派の様式〉は,このグループに属する芸術家の作品に共通して見られる表現上の特性全体を意味する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようしき【様式】
かたちや様子。同類のものの間に共通の、一定の形式・やり方。 「生活-」 「書類の-が変わる」
芸術作品・建築物などで、ある時代・民族、また流派などの中にみられる、特徴的・類型的な表現形式。 「 -美」 「建築-」 「ロココ-」 → 形式(補説欄)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

様式
ようしき
style 英語 フランス語
Stilドイツ語
このことばは芸術的表現の方式をさすが、一般に個々の人間や社会あるいは民族の行動・生活の仕方や、形成の方式に使われることがある。様式と訳した外国語の語源はラテン語のスティルスstilusであり、これはもともと文章の書き方、あるいは文体を意味するものであった。それが用法としてしだいに拡大され、18世紀にはドイツのウィンケルマンによって美術史の領域に取り入れられ、美術的表現の方式として適用されるようになる。その後、ゲーテの芸術論やシェリングの美学にも取り上げられ、19世紀後半にはリーグル、ウェルフリンらによって、美術史学の基礎を築くうえで方法論を展開するための、有力な概念として用いられるようになった。
 芸術的表現は類型的に分化されるが、美術についていえば、美術家(建築家、画家、彫刻家、工芸家など)個々の表現方式による個人様式、特定の時代を総括した表現方式を基礎にした時代様式、同じく民族の共有する表現方式による民族様式、ある限定された地方にみられる地方様式、時代・民族・地域は同一でも、美術家の集団として他と異なる表現方式をもつときにみられる流派様式などがある。
 芸術作品を正しく理解するためには、まず初めにその表現方式、つまり様式を把握しなければならない。なぜならば、美術家の場合ではその人格が、時代であるならばその時代精神が、もっとも明らかに投影されたのが様式であるからである。時代様式は歴史的な展開のうえに漠然と形成されるものでなく、時代を指導する天才的美術家が、同時代および過去において指導的役割を果たした様式を基盤にして、新しい時代にふさわしいものを表現する新しい様式、つまり個人の様式に帰するものであり、流派の様式にしても、地方の様式にしても、だいたい同じことがいえる。また、様式と形式とは一般に混同されて用いられている場合があるが、形式はあくまで様式を形成する要因の一つであり、両者の意味はまったく異なる。[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐しき ヤウ‥【様式】
〘名〙
① かたちや様子。特に、同類のものに共通している、ある型や方法。また、一定の形式。一定のやりかた。スタイル。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「その剖開して聚貯せし様式、二万の大数に至れり」
② 特に、芸術の分野で精神的・内面的な特性を形象に表わす個性的な方式または類型のこと。ゴシック・バロックなどの時代様式、フランス・ドイツなどの民族様式、歴史文芸と風俗文芸、静物画と風景画などのジャンルの様式、崇高と悲壮などの美的様式、さらに芸術家個人におけるアポロン型とディオニソス型などのさまざまな区別がある。スタイル。
※砂の上にて(1952)〈竹山道雄〉「その文化はどこでも様式が似ていた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

様式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation