@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

様相【ようそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

様相
ようそう
modality
伝統的論理学では,事実か事実でないか (存在性) ,可能か不可能か (蓋然性) ,必然か偶然か (必然性) という判断や命題の機能のあり方をさした。それゆえ,この語は命題が表明している判断作用の客観性 (たとえば肯定されたことが客観的に存在するかなど) や,判断作用に対する主観の意識の態度 (たとえばおそらく…であろうなど) を問題としている。ここに様相論理学へ連なる契機があり,精神のあり方としての範疇様式ともかかわってくる理由がある。なお,心理学などでは,おのおの異なる感官によって生じる感覚の違いをさすこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐そう〔ヤウサウ〕【様相】
ありさま。すがた。「ただならぬ様相を呈する」
哲学で、事物の存在の仕方。可能性、現実的、必然的など。また、それらに対応する判断の形態

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようそう【様相 modality】
一般に事物のあり方,とくに〈必然的である〉〈可能的である〉などといった判断の確実性の程度から見た分類(カント用法)を指す語。論理学的にはこのような判断を含んだ論理演算とそれに対応する意味論における対応物の総称であると言える。そして,自然言語における法助動詞,法副詞などもこれに含まれる。また,時制をあらわす言語表現も広い意味において様相に関する論理演算と考えることができる。一般に,様相演算を含む文の真理値(真偽)は与えられた世界,あるいは時間だけに話を限ると決定することができない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようそう【様相】
物事のありさまやようす。 複雑な-を呈する
modality 命題の確実性の度合。カントでは、判断における思惟機能をさす。現実的(実際にそのままあること)、可能的(やがてそれになりうる可能性をもつこと)、必然的(それ以外ではありえないこと)の三種類を挙げることが普通。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

様相
ようそう
modality
事物やできごとが存在ないしは生起する仕方を表す概念。一般にあり方、様態にほぼ同じ。基本的な様相概念には、存在様相(全称、特称)、真理様相(必然的、可能的)、規範様相(義務的、許可的)、認識様相(知られている、いない)、時間様相(現在、過去、未来)などがある。とくに真理様相は論理的様相ともよばれ、アリストテレスの『分析論前書』以来、様相論理学の対象となってきた。カントは様相を量、質、関係と並ぶカテゴリーの一つとみなしたが、他のカテゴリーとは違い、様相は対象の規定にかかわるものではなく、認識能力に対する関係を表現するものにすぎないと考えた。それに対してヘーゲルは、様相を客観的存在の本質規定を表すものととらえた。この対立は現代では、様相概念の二つの解釈、すなわち様相を命題に適用されるものとする言表様相de dictoと事物の属性に適用されるとする事象様相de reの区別に引き継がれている。また様相論理学の解釈にクリプキが可能世界モデルを導入して以来、様相概念は現代哲学の中心問題の一つとなっている。[野家啓一]
『G・E・ヒューズ、M・J・クレスウェル著、三浦聰他訳『様相論理入門』(1981・恒星社厚生閣) ▽内田種臣著『様相の論理』(1978・早稲田大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐そう ヤウサウ【様相】
〘名〙
① ありさま。状態。すがた。
※アリア人の孤独(1926)〈松永延造〉四「死は確かに一つの深淵であり、我れ等の誰れもが未だかつて、その全様相を見きはめたと云ふ話を聞かぬからである」
② (modality Modalität の訳語) 哲学で、事物の存在の仕方、あるいは判断の仕方の種類をいう。後者では、たとえば実然的・可能的・必然的・蓋然的などに分かれる。また、これらの規定をもった命題間の関係を扱う論理学を、様相論理学という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

様相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

様相の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation