@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ウケ】

デジタル大辞泉

うけ【槽】
空の入れ物。たらいのような容器。うけぶね。
「天の石屋戸(いはやと)に―伏せて踏みとどろこし」〈・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう〔サウ〕【槽】
琵琶(びわ)の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう【槽】[漢字項目]
常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]ふね おけ
家畜の飼料を入れる桶。かいばおけ。「槽櫪(そうれき)/馬槽
水などをためる容器。ふね。おけ。「水槽浴槽
おけのように中央部がくぼんだもの。「歯槽
[難読]湯槽(ゆぶね)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うけ【槽】
容器の一種と考えられるが、形状未詳。 天の石屋戸に-伏せて踏みとどろこし/古事記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うけ【槽】
〘名〙 (「おけ(麻笥)」と同意の語か) 語義未詳。口の広い桶か。誓槽(うけぶね)
※古事記(712)上「天の石屋戸に汙気(ウケ)伏せて踏みとどろこし神懸(かむがか)り為(し)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう サウ【槽】
〘名〙
① 家畜に与える飼料などを入れる桶(おけ)。かいばおけ。〔晉書‐宣帝紀〕
② 液体を入れる容器。ふね。
※色葉字類抄(1177‐81)「槽 サウ サカフネ酒」 〔李賀‐江楼曲〕
③ 弦楽器の部分名。主として雅楽器の場合に用いる用語。琵琶(びわ)では胴の背面の板をいい、箏(そう)や和琴(わごん)では表板をいう。俗に甲とも。
※源平盛衰記(14C前)三一「又此の琵琶の造り様、紫藤(しとう)の槽(サウ)(ばち)の腹、花梨木(くゎりぼく)の頭に同天の首」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


そう
セル」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

槽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation