@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

樅ノ木は残った

デジタル大辞泉プラス

樅ノ木は残った
山本周五郎の長編歴史小説。1958年刊行江戸時代仙台藩で起こったお家騒動伊達騒動)を題材とする。第13回毎日出版文化賞受賞辞退)。三隅研次監督、長谷川一夫主演の映画「青葉城」(1962)、平幹二朗主演のNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」(1970)の原作

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樅ノ木は残った
1970年放映のNHK大河ドラマ。原作は、山本周五郎の同名小説。仙台藩の御家騒動・伊達騒動における家老原田甲斐苦悩を描く。脚本茂木草介。音楽:依田光正。出演:平幹二朗、吉永小百合、栗原小巻ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もみのきはのこった【樅ノ木は残った】
山本周五郎の長編歴史小説。江戸時代初期に仙台藩で起きたお家騒動を題材に、藩取り潰しの陰謀に立ち向かう家老、原田甲斐の孤独な闘いを描く。昭和29年(1954)から昭和31年(1956)にかけて「日本経済新聞」に断続的に連載。昭和33年(1958)刊行。第13回毎日出版文化賞(文学・芸術部門)受賞。NHKの大河ドラマなど、数多くの映像化作品がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

樅ノ木は残った
もみのきはのこった

山本周五郎の長編小説。1954年(昭和29)7月から『日本経済新聞』に連載、後半は書き下ろしで58年完稿。山本の決定打的作品の一編となった。作品の背景は寛文(かんぶん)事件ともよばれた伊達(だて)騒動で、紛争の渦中の人となった国家老原田甲斐(かい)の苦衷と忠誠とを描き、歴史小説の最高の果実として絶賛を浴びた。既往の原田甲斐悪人説への勇敢な挑戦と解するむきに、山本自身は「史料を忠実に読みさえすれば、自然に浮かび上がってくるはず」の人間像を描いたまで、と反発している。

[木村久邇典]

『『樅ノ木は残った』全二冊(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樅ノ木は残った」の用語解説はコトバンクが提供しています。

樅ノ木は残ったの関連情報

関連キーワード

新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation