@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

樋門【ヒモン】

デジタル大辞泉

ひ‐もん【×樋門】
用水の取り入れや排水舟運などのため、堤防を横切る暗渠(あんきょ)にして設ける通水路。水門をつけ、水位を調節する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひもん【樋門 sluiceway】
河川から農業用水などを取水したり,堤内地の水を河川に排水する目的で設けられる施設。同じ機能をもつものに樋管があるが,両者に構造上判然たる区別はなく,一般に比較的大きいものを樋門,小さいものを樋管といっている。樋門は構造的には,堤防を横断して堤防内部に暗きょを敷設し,河川の出水状況,堤内地の重要度,地盤高などを検討して門扉を設けたり,フラップゲートを取り付けるが,急流河川では門扉類を取り付けないこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

樋門
ひもん
sluiceway

河川から用水を取水するためや、排水路の水を河川へ排水するために、堤防を横断してつくられる暗渠(あんきょ)。樋管(ひかん)ともいう。用水樋門(用水樋管)と排水樋門(排水樋管)がある。樋門にはゲートが設置される。ゲートは平常時は開けられているが、洪水時には閉鎖して洪水が用水路、排水路に流入しないようにする。排水樋門のゲートを閉じているときに排水路の水を河川に排水するために、排水機場を設置することがある。

[鮏川 登]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐もん【樋門】
〘名〙 堤防を横断する構造物で、暗渠構造となっている排水路。樋管より大きめのものをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樋門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

樋門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation