@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

樗蒲一【チョボイチ】

デジタル大辞泉

ちょぼ‐いち【××蒲一】
中国渡来の賭博(とばく)の一。1個のさいころで出る目を予測し、予測が当たれば賭け金の4倍または5倍を得る仕組みになっているもの。転じて、博奕(ばくち)のこと。
いんちき。でたらめ。
ばかをみること。
「向(むこう)でうまく言い抜けられる様な手段で、おれの顔を汚すのを抛(ほう)って置く、―はない」〈漱石坊っちゃん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょぼいち【樗蒲一】
さいを一個使う賭博。目を一つ予測して賭け、当たれば四倍の賭け金が戻り、はずれれば胴親に賭け金をとられるもの。
賽を使う賭博の総称。また、賭け。
でたらめ。いんちき。ぺてん。
割に合わない目にあうこと。とんま。 犬め、乞食め、-め/洒落本・愚人贅漢居続借金

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょぼ‐いち【樗蒲一】
〘名〙
① 中国から渡来した賭博(とばく)の一つ。さいころを使って行なう賭博。ふつう、一個のさいころで、出る目を予測し合い、それが出れば賭金の四倍または、五倍を得るようになっている。また、転じて、一般に博奕(ばくち)の意味にもいう。
※俳諧・焦尾琴(1701)頌「二階の笛に片身出す月〈午寂〉 樗蒲乙は一間にしきるきりぎりす〈同〉」
② いい加減なこと。いんちき。でたらめ。ペテン。
※世の中人通例詞見立相撲(1830‐44頃)「そんなちょぼいちはない」
③ ばかをみること。とんま。また、そういう人を罵っていう語。
※洒落本・愚人贅漢居続借金(1783)「犬め、こじきめ、ちょぼいちめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樗蒲一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

樗蒲一の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation