@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

標準電波【ひょうじゅんでんぱ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

標準電波
ひょうじゅんでんぱ
standard radio wave
周波数および時刻の標準として発射されている電波セシウム原子時計を用いた周波数標準により校正された水晶発振器をもとにしており,標準の音声,周波数および信号で変調されている。日本では,情報通信研究機構 (東京都小金井市) の管理のもとに,JJYの呼び出し符号で 40kHzと 60kHzの長波標準電波が常時発射されている。周波数,時刻の標準に用いる以外に,電波伝搬電離層の研究などにも役立つ。長波および超長波帯の電波は,減衰が少ないこと,電離層によるドップラー効果の影響を受けないことの利点がある。日本ほか世界の数地点から放射されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひょうじゅん‐でんぱ〔ヘウジユン‐〕【標準電波】
時刻や周波数の基準となる電波。日本では情報通信研究機構が管理・運用し、福島県のおおたかどや山標準電波送信所と佐賀・福岡県境のはがね山標準電波送信所から送信されている。コールサインはJJY。1秒を1ビットとして、1周期60秒の繰り返しで送出され、分・時・1月1日からの通算日・西暦の下2桁・曜日・うるう秒などの情報が時刻コードとして含まれている。放送局や電話の時報サービス、電波時計などに利用される。→標準時

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうじゅん‐でんぱ ヘウジュン‥【標準電波】
〘名〙 周波数の標準として発射される電波。誤差は ±1×10-10 以内。日本では独立行政法人情報通信研究機構がJJYのコールサインで常時発射し、ふつう、これに標準時報信号と電波警報符号をのせる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標準電波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

標準電波の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation