@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

標準音【ヒョウジュンオン】

デジタル大辞泉

ひょうじゅん‐おん〔ヘウジユン‐〕【標準音】
音楽で、音の絶対的な高さを定める標準となる時代地域によりはあるが、現在は一般に(一点)音を440ヘルツとした国際標準音が広く用られている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうじゅんおん【標準音 standard pitch】
音楽において音の絶対音高を規定する際に基準となる音。音とその周波数(振動数ヘルツHertz(Hz))で示す。どの音を標準音とするかは民族や時代によりさまざまで,ジャンルによって異なる場合もあった。ヨーロッパ音楽では伝統的にイ音が標準とされ,1939年のロンドン国際会議以後はイ=440Hz(室温20℃のとき)が国際標準音international pitchとして認められている。日本では1948年に文部省が440Hzを採用し今日にいたっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

標準音
ひょうじゅんおん

音楽に用いられる音の絶対的な高さ(ピッチ)の標準。ヨーロッパでは古くから「イ」の音が標準音として採用されており、現在は(一点イ)が440ヘルツと定められている。これは、1939年のロンドン国際会議以来、世界的に用いられているものだが、日本では1948年(昭和23)に文部省(現文部科学省)が規定するまでは、=435ヘルツの古い標準音を用いていた。標準音が振動数によってはっきりと示されるようになるのは、19世紀以後のことである。

 18世紀以前には国際的な標準音の規定がなく、時代や地域、また音楽の種類や演奏の場によって、まったく別のピッチが用いられていた。19世紀に入ってからは、イギリスやドイツなどで標準音の規定が試みられ、1859年にフランスが定めた=435ヘルツは、国際標準音としてヨーロッパでは比較的普及した。しかし、アメリカでは440ヘルツのほうが一般的であり、またイギリスでは19世紀後半には439ヘルツが標準音としてもっとも普及していた。国によっては450ヘルツ以上の高いピッチが用いられたこともある。現在では=440ヘルツが国際標準音として世界的に用いられているが、実際の演奏にあたってはこれより高めに調律されることが多く、また古い音楽の演奏の場合には、その時代の楽器(複製されたものも含む)を用いて、歴史的なピッチを再現することも多い。

[千葉潤之介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうじゅん‐おん ヘウジュン‥【標準音】
〘名〙 音楽に用いられる音の絶対的な高さ(ピッチ)の標準。時代や地域によって差があるが、現在は、・イ(一点イ)音を四四〇ヘルツとする国際標準音が広く用いられている。標準調子。コンサートピッチ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

標準音
ひょうじゅんおん
国際標準音」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標準音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

標準音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation