@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

標的【ヒョウテキ】

デジタル大辞泉

ひょう‐てき〔ヘウ‐〕【標的】
射撃や弓術などに使うまと。
攻撃目標。ターゲット。「敵の標的になる」
手本・模範・目標とするもの。
「以て人民の由る可き―を示す者なかる可らず」〈福沢学問のすゝめ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

標的
北方謙三の長編ハードボイルド小説。1987年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標的
英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1990)。原題《Longshot》。競馬界を舞台にしたシリーズの第29作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうてき【標的】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうてき【標的】
鉄砲・弓などで射当てる的まと。また、めじるし。
攻撃のまと。 敵の攻撃の格好の-となる
目標とするもの。 人民の由る可き-を示す者/学問ノススメ 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐てき ヘウ‥【標的】
〘名〙
① 弓や銃などのまと。また、目的物をしめすめじるし。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 攻撃の目標。まと。また、比喩的にも用いる。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「その時分学生は天下注視の標的になってゐた」
③ 目標とするもの。模範とすべきもの。てほん。
※正法眼蔵(1231‐53)眼睛「これ茫然にあらず。業識独豎の標的なり」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉四「以て人民の由る可き標的を示す者なかる可らず」 〔晉書‐王彪之伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

標的
ひょうてき
ターゲット」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標的」の用語解説はコトバンクが提供しています。

標的の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation