@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

模倣の欲望【もほうのよくぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

模倣の欲望
もほうのよくぼう
désir d'imi tation(仏)
現代フランスの思想家 R.ジラールの理論の中心的な概念。彼の理論は,欲望の三角形理論とも呼ばれ,哲学,精神医学,人類学,文芸批評などの広い分野に影響を与えている。人間の本質は他人を模倣することであり,そうすることで本人にも初めて欲望の対象が現れるとする。人間が模倣しているのは,いつも他人の欲望であるから,他人は必然的にその人の前に立ちはだかるライバルとなり,本人,欲望の対象,ライバルという三角関係が生れることになる。模倣の欲望は,不可避に模倣的対抗関係に発展するが,人間社会にとって最も危険な暴力は,すべてこの対抗関係から生れ,これの破壊的効果をかわすには,身代わり・犠牲者・いけにえによるか,あらゆる暴力の無条件的な破棄によるか,2つの方法しかないと考え,実践的には再生したキリスト教の精神に訴えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

模倣の欲望」の用語解説はコトバンクが提供しています。

模倣の欲望の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation