@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

権利章典【けんりしょうてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

権利章典
けんりしょうてん
Bill of Rights
1689年 12月,議会制定した「臣民権利および自由を宣言し,王位継承を定める法律」。新王ウィリアム3世とその妻メアリー2世即位の条件として承認した権利宣言を議会が立法化したもので,内容的には権利宣言を継承している。前王ジェームズ2世の悪政に対する聖俗貴族,庶民古来の自由と権利を詳細に確認し,国王に対する議会の優位を確定し,プロテスタントの権利と正統性を定めた。全 13ヵ条。イギリスの最も重要な憲法文書の一つ。一般には,憲法典の基本的人権保障条項をさす場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けんり‐しょうてん〔‐シヤウテン〕【権利章典】
Bill of Rights》1689年12月、英国王ウィリアム3世メアリー2世が発布した「臣民の権利および自由を宣言し、王位継承を定める法律」の通称。議会の提出した権利宣言文化したもので、英国立憲政治基礎となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんりしょうてん【権利章典】

[イギリスの権利章典]
 Bill of Rights。成文憲法をもたないイギリスにおいて,〈マグナ・カルタ〉(1215),〈権利請願〉(1628)とならんでイギリスの国制を規定した最も重要な議会制定法。1689年に制定。正式には〈臣民の権利および自由を宣言し,王位継承を定める法律〉という。1688年12月,国王ジェームズ2世が国外に逃亡したあとをうけて,翌年1月召集された仮議会は,王国の状況を説明するための決議を行い,さらにオラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)に改革要求を提出することにし,〈古来の自由と権利を擁護し,主張するため〉の宣言を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

けんりしょうてん ケンリシャウテン【権利章典】
(Bill of Rights の訳語)
[一] 一六八九年、イギリス国王ウィリアム三世が発布した「臣民の権利及び自由を宣言し王位継承を定める法律」をいう。権利宣言を成文化したもので、イギリス立憲政治の基礎となった。
[二] アメリカ合衆国憲法の修正第一条から第一〇条までの総称。個人の基本的権利とその法的保護を規定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権利章典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

権利章典の関連情報

関連キーワード

インノケンティウスロッククルムス義山理忠ハノーバー市庁舎サンバージーアレクサンデル8世イギリス・フランス植民地戦争井原西鶴シュパイエル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation