@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

権門【ケンモン】

デジタル大辞泉

けん‐もん【権門】
官位が高く権力・勢力のある家。また、その家の人。「権門に媚びる」「権門勢家」
権力のある人への賄賂(わいろ)。
「主人(ぬし)も屋敷勤め故、多くは役人衆への―に厭と言はれぬ仲間の付き合ひ」〈伎・三人吉三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けんもん【権門】
位が高く権勢のある家柄。 -勢家
権力者に対する饗応や贈賄。 是を御用ひなさるれば-と云ふ薬よりきき目が能い/洒落本・根柄異軒之伝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐もん【権門】
〘名〙
① 官位高く権勢のある家柄。勢家。また、その家の人。
※三代格‐一九・延喜二年(902)三月一三日「託事権門正税」 〔後漢書‐明帝紀〕
② 権力のある役人。特に江戸時代、諸侯の家臣のことを出入りの商人や客商売の者などがいう。
※洒落本・柳巷訛言(1783)「『酒斗呑んで居さしった客しゅは留主居衆かなんだへ』『あれはけんもんさ』」
③ ある方面において権威のあること。また、そのような人。
※御伽草子・鳥獣戯歌合物語(室町時代物語大成所収)(室町末)上「鴨がすすみ出て、湯原のおほ君の御哥に〈略〉と、よませ給へるは、随分権門也」
④ 権勢ある者に奉仕すること。有力者を接待すること。また、わいろ。
※洒落本・根柄異軒之伝(1780)「是を御用ひ被成るれば権門(ケンモン)と云薬よりきき目が能い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

権門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation