@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

横瀬浦【よこせうら】

世界大百科事典 第2版

よこせうら【横瀬浦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

横瀬浦
よこせうら
長崎県西海市(さいかいし)西海町横瀬郷にある港。1562年(永禄5)キリシタン大名大村純忠(すみただ)によって開港された日葡貿易(にっぽぼうえき)の地。ポルトガル人は「御助けの聖母の港」とよび、高台には教会も建造されたが、翌年大村氏の内紛によって廃港となり、以後南蛮貿易は福田(ふくだ)を経て長崎へと移った。[石井泰義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横瀬浦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

横瀬浦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation