@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

横芝光(町)【よこしばひかり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

横芝光(町)
よこしばひかり

千葉県中東部、山武郡(さんぶぐん)にある町。2006年(平成18)、山武郡横芝町、匝瑳(そうさ)郡光町(ひかりまち)が合併して成立。町域は北西―南東方に細長く、北西部は下総(しもうさ)台地の緩やかな丘陵地帯、中央から南東部にかけて九十九里平野の平坦地が続き、太平洋に臨む。九十九里平野最大の河川、栗山川(くりやまがわ)が中央部を貫流。JR総武本線、国道126号が通じる。南接する山武(さんむ)市の松尾横芝(まつおよこしば)インターチェンジで圏央道と銚子(ちょうし)連絡道路が接続、銚子連絡道路は横芝光インターチェンジで国道126号に連絡。夏涼しく冬暖かい農業に適した自然条件に恵まれ、水稲のほか、露地でネギ、トマト、カボチャなどの野菜、ハウスではメロン、ミニトマト、シクラメンなどの花卉(かき)を栽培。養豚・酪農も盛ん。工業では古くから窯業が発達、1991年(平成3)には町の北部に横芝工業団地が整備された。成田空港への利便性、交通アクセスの向上など、立地条件に恵まれた工業団地に進出する企業も多い。虫生(むしょう)の広済(こうさい)寺で演じらる鬼来迎(きらいごう)は仏法の因果応報を説く仮面劇で、全国に類例がなく、国指定重要無形民俗文化財。町北部には殿塚・姫塚の2基を中心とする芝山古墳群(しばやまこふんぐん)があり、国指定史跡。海浜部は県立九十九里自然公園の指定域で、屋形(やかた)海岸、木戸浜(きどはま)海岸などは海水浴客で賑わう。明治中期に活躍した力士で、第17代の横綱となった小錦八十吉(初代)は当地の出身。面積67.01平方キロメートル、人口2万3762(2015)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横芝光(町)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

横芝光(町)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation