@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

樹木希林【きき きりん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

樹木希林 きき-きりん
1943- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和18年1月15日生まれ。文学座付属演劇研究所第1期生。昭和39年テレビドラマ「七人の」に悠木千帆(ゆうき-ちほ)の名で出演。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などでのユニークな演技で人気をえる。映画でも活躍し,CMタレントとしても知られる。平成21年「歩いても 歩いても」でキネマ旬報助演女優賞。23年「悪人」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞。25年「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。東京出身。千代田女学園高卒。本名は内田啓子。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

樹木希林
女優。1943年1月15日、東京都生まれ。夫はロック歌手の内田裕也。長女は女優・エッセイストの内田也哉子(ややこ)。61年に文学座に入り、悠木千帆の芸名でデビュー。60〜70年代はTBS系ドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」などで老け役をコミカルに演じて人気を集めた。77年、樹木希林に改名。80年代にはNHKドラマ「夢千代日記」などに出演し、存在感のある演技で高い評価を受けた。2000年代は映画を中心に活躍し、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(07年)、「わが母の」(12年)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。12年にがんの全身転移を公表して以降も芸能活動を続け、カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した是枝裕和監督「万引き家族」(18年)などに出演した。08年に紫綬褒章、14年に旭日小綬章を受章。18年9月15日、死去した。享年75。
(2018-9-19)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樹木希林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

樹木希林の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広アントニー ビーバー第2次世界大戦ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation