@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

橋本治【ハシモトオサム】

デジタル大辞泉

はしもと‐おさむ〔‐をさむ〕【橋本治】
[1948~2019]小説家・イラストレーター。東京の生まれ。学園闘争中の東大の駒場祭ポスターとめてくれるなおっかさん…」で話題を呼び、イラストレーターとしての活動を始める。のち小説・随筆評論と活動は多岐にわたり、作品は150冊以上に及ぶ。作品に小説「桃尻娘」「蝶のゆくえ」「桃尻語訳 枕草子」「宗教なんかこわくない!」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

橋本治 はしもと-おさむ
1948- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和23年3月25日生まれ。東大闘争中の昭和43年,駒場祭のポスター「とめてくれるなおっかさん……」を制作して話題になる。52年「桃尻娘」で小説現代新人賞佳作。62年「桃尻語訳 枕草子」がベストセラーとなる。平成8年「宗教なんかこわくない!」で新潮学芸賞。17年「のゆくえ」で柴田錬三郎賞。20年「双調 平家物語」で毎日出版文化賞。東京出身。東大卒。作品はほかに「窯変(ようへん)源氏物語」「愛の矢車草」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

橋本治
小説家、イラストレーター。1948年3月25日、東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業。在学中の68年、東京大学駒場祭のポスターとして作成した「とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが 泣いている 男東大どこへ行く」で注目され、イラストレーターとしての活動を開始することとなった。77年に発表した小説『桃尻娘』で女子高生の風俗を超口語体で描き、文芸誌「小説現代」で新人賞佳作に入選した。87年、『桃尻語訳 枕草子』がベストセラーとなった。96年、オウム真理教事件題材にした『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞を受賞した。2002年、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞を受賞した。05年、短編集『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞を受賞した。19年1月29日、死去した。享年70。

(2019-1-31)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

橋本治
はしもとおさむ
(1948―2019)

小説家、イラストレーター。東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業。在学中の1968年(昭和43)、学園闘争全盛期の東大駒場祭で、あまりにも有名になった「とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが 泣いている 男東大どこへ行く」のポスターを発表して一躍注目を浴び、イラストレーターとしての活動をスタート。1970年『週刊新潮』で「ぽるの日本史」の挿絵を1年間担当することに。1977年「桃尻娘」で『小説現代』新人賞佳作入選。翌1978年『桃尻娘』を刊行。にっかつ映画で映画化される(監督小原宏裕(おはらこうゆう)(1935―2004))。以降、小説はいうに及ばず、評論、エッセイ、シナリオ、古典現代語訳、画文集……と怒濤のごときハイペースで執筆活動を開始する。しかし小説家デビュー以前の1976年に戯曲『義経伝説』(1991年に刊行される)をすでに書いており、当時は劇作家を志していたとも。ちなみに、卒業論文のテーマは「四世鶴屋南北の劇世界」であった。だが、『桃尻娘』は、型破りな文体もさることながら、花の女子高校生が自由奔放に思うさま行動する、不逞(ふてい)な抵抗精神が横溢(おういつ)した異色の青春小説で、大きな衝撃を与えた。加えて当時の常識では、女子高校生が現実を担う社会の一員だという発想が世間にはなかった。橋本治は、それを単純に同じ人間なのだからという意識で書いたにすぎなかった。そのことは改めて指摘するまでもなく、すぐに時代が証明することになる。このシリーズは以後『その後の仁義なき桃尻娘』(1983)、『帰って来た桃尻娘』(1984)、『無花果少年(いちぢくボーイ)と瓜売小僧(うりうりぼうや)』(1985)、『無花果少年と桃尻娘』(1988)、『雨の温州蜜柑姫(おみかんひめ)』(1990)と登場人物たちが大人になるまで続いていく。評論の分野では画期的な少女マンガ論である『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』〈前篇〉〈後篇〉(1979、1981)を筆頭に、『蓮(はす)と刀』(1982)、『革命的半ズボン主義宣言』(1984)、『'89』(1990)、『貧乏は正しい!』シリーズ(1994~1996)などがあるが、なんといっても『完本チャンバラ時代劇講座』(1986)が圧巻。チャンバラ映画を核に、歌舞伎・講談・新劇・新国劇・浪花節・テレビにストリップといった大衆芸能娯楽をすべて俎上(そじょう)に上げ、通俗を喪失して「実直な優等生」となった日本と日本人とは何かを問う1400ページにおよぶ大著なのである。ここでいう通俗とは、いうまでもなく秩序からの自由、逸脱ということだ。それをかつての日本の大衆はチャンバラ映画や大衆小説に見出していたのだった。さらに日本の古典を桃尻語訳あるいは橋本語訳にした『桃尻語訳枕草子』上中下(1987、1988、1995)、『絵本徒然草(つれづれぐさ)』上下(1990、1993)、『窯変(ようへん)源氏物語』全14巻(1991~1993)、『古事記』(1993)、『双調平家物語』全15巻(1998~2007)もあり、まさに百科全書派の名にふさわしい活躍ぶりをみせた。

[関口苑生]

『『完本チャンバラ時代劇講座』(1986・徳間書店)』『『絵本徒然草』(1990、1993・河出書房新社)』『『義経伝説』(1991・河出書房新社)』『『古事記』(1993・講談社)』『『双調平家物語』(1998~2007・中央公論新社)』『『桃尻娘』『その後の仁義なき桃尻娘』『帰って来た桃尻娘』『無花果少年と瓜売り小僧』『無花果少年と桃尻娘』『雨の温州蜜柑姫』(講談社文庫)』『『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』『蓮と刀』『革命的半ズボン主義宣言』『'89』『桃尻語訳枕草子』(河出文庫)』『『貧乏は正しい!』(小学館文庫)』『『窯変源氏物語』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋本治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橋本治の関連情報

関連キーワード

スピードスケート世界遺産ウメアナゴ(海水魚)アヤメ科河北(省)ハナショウブヤシ蜂窩織炎応召義務

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation