@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

橘家円喬【たちばなやえんきょう】

世界大百科事典 第2版

たちばなやえんきょう【橘家円喬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

橘家円喬
たちばなやえんきょう
(1865―1912)
明治の落語家。円喬の名義は、江戸後期に初代船遊亭(せんゆうてい)扇橋門下から初代三遊亭円生(えんしょう)門下となった初代三遊亭円喬(生没年不詳)に始まる。2代(生没年不詳)は初代の実子。3代は4代円生の前名である。4代円喬は、本名柴田清五郎(旧姓桑原)、三遊亭円朝門下で、朝太、円好を経て23歳で円喬を襲名したが、自ら橘家を名のった。住んでいた地名から「住吉町」「玄冶店(げんやだな)の師匠」とよばれ、整然とした上品な高座で円朝に次ぐ名人といわれた。落語、人情咄(ばなし)ともに優れ、『鰍沢(かじかざわ)』『三十石』『淀(よど)五郎』『船徳(ふなとく)』『祇園会(ぎおんえ)』『三味線栗毛(くりげ)』などは絶品だったという。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘家円喬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橘家円喬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation