@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

機会均等【きかいきんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

機会均等
きかいきんとう
equal opportunity
競争の出発点の条件を等しくすること。一般に平等には機会,資格,権利など形式的処遇における等しい取扱いを求める「機会の平等」と,諸個人の社会的相互作用の結果生じたや社会的影響力の不当な格差を是正しようとする「結果の平等」とがあるが,機会均等はこのうち前者の平等を支持する論拠として用いられることが多い。たとえば出発点の平等が確保されていれば,競争過程でどのような格差が生じたとしても,それは個人の意志努力に帰せられるべきものであり,それを国家政府介入によって強制的に是正しようとするのは一種強奪であり,道徳的に正当化しえないとされる。しかしどこまで条件を等しくすればの機会均等になるのかなど,論議余地は少くない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きかい‐きんとう〔キクワイ‐〕【機会均等】
権利・待遇を平等に与えること。「教育における機会均等
外交政策上、自国内における諸外の経済的活動に対して、どの国にも平等の待遇を与えること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きかいきんとう【機会均等】
外交政策上、自国と関わる経済活動について諸外国に平等の機会を与えること。
権利や待遇などに関して、平等で差別がないこと。 教育の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きかい‐きんとう キクヮイ‥【機会均等】
〘名〙
① 外交政策上、諸外国に対し、国内での通商、事業経営などの活動に関して、平等の待遇を与えること。
※毎日新聞‐明治三七年(1904)二月九日「各国商工業の為めに、機会均等の主義を維持することを相互に約すること」
② ある特定の人に与えた待遇、権利を、他の人に対しても平等に与えること。
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和八年(1933)五月「教育の機会均等などは逸早く実行さるべき社会政策の一であるやうに思ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

機会均等
きかいきんとう

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機会均等」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機会均等の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation