@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

機械時計【キカイドケイ】

デジタル大辞泉

きかい‐どけい【機械時計】
動力装置や調速機などの部品が、すべて機械的である時計ぜんまい動力とし、歯車の組み合わせによって針を動かし、時刻を表示する。機械式時計。→クロノメーター2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きかいどけい【機械時計】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

機械時計
きかいどけい
mechanical watchmechanical clock
時計は調速機、脱進機、伝達装置、動力装置、表示装置から構成されているが、これらの部分すべてが機械的であるものをいう。機械時計はすでに14世紀初めに存在してはいたが、17世紀にオランダのホイヘンスによる、振り子時計とひげぜんまいをもつてんぷ時計の発明によって近代時計への道が開かれたといえる。マリンクロノメーターmarine chronometer(航海用標準時計)の製作にみられる精度の追求、複雑装置の考案、懐中時計から腕時計への小型化、耐環境機能(防水、耐衝撃など)の付加と、機械時計は絶え間ない発展を遂げ、改良の余地の少ない製品とみられていた。しかし20世紀後半の電子時計、とくに1970年以降、精度、コスト、多機能化などに優れる水晶時計の出現によって、世界市場における機械時計のシェア(占拠率)は毎年低下し、1981年にはウォッチ、クロックともに50%を割り、2010年にはウォッチはわずか2%(クロックもほんのわずか)と推定されている。今後は超高級工芸品として、または電池補給のつかない地域などでの消費に限定されよう。[元持邦之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機械時計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機械時計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation