@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

機械組織【キカイソシキ】

デジタル大辞泉

きかい‐そしき【機械組織】
植物体を強固にし、保持する組織厚角組織厚膜組織繊維組織に分けられる。機械的組織。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きかいそしき【機械組織】
植物体を強固にし、これを支持する組織。厚膜組織・厚角組織、木部や師部しぶにある繊維組織など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

機械組織
きかいそしき
植物体の構造を強化し、外部から加えられる各種の機械的な力に抵抗するのに役だつ、いわば骨格の役を果たす組織。厚角組織、厚壁柔組織、厚壁組織など細胞壁が部分的にまたは全体が肥厚した組織からなる。また一部の維管束要素、とくに道管、仮道管木部繊維などは、肥厚した細胞壁がリグニンを含み木化して堅く、水液の通道のほかに機械組織の役も果たしている。機械組織は能率よく植物体支持の役を果たすために、体内で合理的に配置されている。たとえば多くの草本植物のでは厚角組織や厚壁柔組織などの機械組織が周辺部に環状に存在するが、これは折れ曲がる力に抵抗するのに有効な配置である。では維管束組織が中心部に集中しており、これが機械組織となって引っ張る力に抵抗すると考えられる。また平行脈をもつある種の単子植物の葉では、葉脈に沿って厚壁組織がある。これは風などによって葉が裂けてもちぎれにくい構造と考えられる。[相馬研吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きかい‐そしき【機械組織】
〘名〙 植物体を機械的に支える細胞群。厚膜細胞や厚角細胞などで、根では中心部、茎や葉では周辺部に発達し、多くは木質化して厚くなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機械組織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機械組織の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation