@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

機軸【キジク】

デジタル大辞泉

き‐じく〔‐ヂク〕【機軸】
機関や車輪などの心棒。
物事の中心となるところ。活動の中心。「内閣の機軸となる地位」
根本的な仕組み。構想。方法。「新機軸を打ち出す」
地球の自転の回転地軸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐じく ‥ヂク【機軸】
〘名〙
① 車輪や機関の軸。
② 物ごとの中心になるところ、活動の中心。重要な地位。
※絅斎先生仁義礼智筆記(18C初)「されば仁智交際は万化の機軸と、深い哉」 〔後漢書‐馮異伝〕
③ しくみ。計画。方法。方式。工夫。
※南郭先生文集‐二編(1737)八・文荘先生墓碣「所著必機軸於己、遂称大著作云」
※一年有半(1901)〈中江兆民〉三「皆別に機軸を出さざる莫し、然らずんば何の尊ぶ可きことか之れ有らん」
④ 地球の自転の中心となる軸。地軸。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機軸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

機軸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation