@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

檀那【だんな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

檀那
だんな
サンスクリット語 dāna音写で施すことを意味し,六波羅蜜の一つである。中国や日本では dānapatiの音写である檀越略語として施主の意味で用いられる。ここから施す人である経済的な援護者をさし,さらに富裕な家の主人も意味するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんな【×檀那/旦那】
《〈〉dānaの音写》
ほどこし。布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家。
商家の奉公人などが男の主人を敬っていう語。「店の大―」
商人が男の得意客を、また役者や芸人が自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ちや身分のある男性を敬っていう。「―、これはよい品でございますよ」「顔見世に―衆を招く」
妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の―」
妾(めかけ)の主人。パトロン。「―がつく」「―を取る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんな【檀那】
サンスクリットdānaの音訳で,布施の意。梵語漢語を合わせて檀施とも記す。また布施する人を意味する越dāna‐patiと混用され,寺院僧尼衣食住を施与する信者を,の方から檀那,檀越(だんおつ)という。中国には檀家制度がなく,寺院が特定の檀越に支えられることは少なかったが,貴族豪民には一家の菩提寺を建てて,寺院に与えられた特権を横取りしたり,寺院の質庫に財産を寄託して殖産をはかるものもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

檀那」の用語解説はコトバンクが提供しています。

檀那の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation