@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

檳榔毛の車【ビロウゲノクルマ】

デジタル大辞泉

びろうげ‐の‐くるま〔ビラウげ‐〕【××榔毛の車】
牛車(ぎっしゃ)の一。白く(さら)した檳榔の葉を細かく裂いて車の屋形をおおったもの。上皇親王大臣以下、四位以上の者、女官高僧などが乗用した。びろうぐるま。びりょうのくるま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びりょうげ【檳榔毛】 の 車(くるま)
※能因本枕(10C後)六「ひりゃうけの車などは、門小さければ、え入らねば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びろうげ【檳榔毛】 の 車(くるま)
牛車の一種。さらした檳榔の葉で車の箱の全体を葺(ふ)き覆ったもの。また、檳榔の代わりに菅を用いることもあり、太上天皇・親王・摂関以下、上卿の乗用を例とした。平安朝から用いられた。びろうの車。びりょうの車。びりょうげの車。びんろう車。びろうげ。びろう。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「よしあるひらうけのくるまのすだれをいと高くあげて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

檳榔毛の車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

檳榔毛の車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation