@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

櫓下【ヤグラシタ】

デジタル大辞泉

やぐら‐した【×櫓下】
《江戸時代、劇場のの下に、その名を書いた看板を掲げたところから》人形浄瑠璃で、紋下(もんした)のこと。また、歌舞伎で、座頭(ざがしら)一座の代表的な俳優。
江戸の深川にあった私娼窟(ししょうくつ)。近くに火の見櫓があったのでいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やぐらした【櫓下】
人形浄瑠璃の一座の棟梁(とうりよう)の称。劇場表の櫓の下に姓名を大書した看板を掲げたのに由来する。原則的に太夫の最高の人が座員に推薦されて就任,舞台に関して絶対的な権限をもった。とくに三味線,人形の代表を加えて複数の櫓下を置いたこともある。番付の座紋の下にも名を記したので〈紋下〉ともいう。1959年,豊竹山城少掾引退のあと後任が選ばれぬまま現在にいたり,この制度は自然消滅の状態である。【山田 庄一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やぐらした【櫓下】
江戸時代、劇場の櫓の下に、代表者の名を書いた看板を出したことから
文楽で、座頭ざがしらや代表的な太夫たゆう。紋下もんした

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やぐら‐した【櫓下】
[1] 〘名〙
① 櫓(やぐら)の下。
② 特に、江戸時代の劇場で、やぐらの下。そこには座頭(ざがしら)や女形の立者などの芸名が看板に書かれて掲げられていたので、転じて、座頭や一座の代表俳優もいう。
※雑俳・柳多留‐二二(1788)「やぐら下やくしゃと女郎居る所」
[2] 深川の遊里の一つ。江戸深川富岡八幡の一の鳥居の近くの火の見櫓付近で、深川七場所の一つとして賑った。やぐら。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

櫓下
やぐらした
紋下」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫓下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

櫓下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation